国分寺 「中華そば ムタヒロ」

国分寺駅近くのラーメン屋で、今最も美味しいとおもっている店。カウンターのみの狭い店であることもあり並んでることも多い。塩気が比較的控えめで最後までスープを飲み干すことしばしばだが、ダシの味がキッチリピントがあっていて麺に負けていない。

1330838181093.jpg

この日食べたのは限定品の塩煮干し麺。
醤油系の時の太麺と異なり平打ちのピロピロです。

1330838193624.jpg

(い)

| | Comments (22)

国分寺 「スクサバーイ」

南口に比較的最近できたタイ・ラオス料理店。

1309781207996.jpg

国分寺には老舗のタイ料理店、TARAがありますがお店が増えるのは嬉しい。

1309781226977.jpg

ランチでオーダーしたのはラオス風焼きそばのセット。ナッツが食感に変化を与えていて美味しい。

1309781239864.jpg

セットには粥の小鉢やプチデザートも付いてます。

| | Comments (37)

国分寺 時季のしずく

この店があった場所には以前TOTO'Sハウスというイタリアンがあった。父の友人(国分寺在住)馴染みで、以前連れていって頂いた時に野生のタマゴタケのサラダ(タマゴテングタケではありませんよ)が出てきて思わず声を上げた事があるのだ。オリーブオイル、パルミジャーノレジャーノ、ルッコラで軽く和えてあり大変美味しかった。(昔話ココまで)

1308978051654.jpg

さて、時季のしずくですが、ランチを頂きました。和洋色々で、カレー、鰺のさんが焼き、鯨の竜田揚げなどありましたがワタリガニのスパゲッティをチョイス。メニュー構成からしてあまり過度な期待はしていなかったのですが、旨味が凝縮されていて素晴らしかったです。これでサラダスープコーヒーまで付いて800円台でいいの?隣のテーブルではおなじワタリガニのスパゲッティで赤を一本開けてましたが、その気持ちは解る。

1308978068240.jpg

他のメニューもこのレベルならすごいと思うのでそのうち再訪しようかと思う。

| | Comments (29)

国分寺(恋ヶ窪) 蘭香園

1307919111590.jpg

炒飯ギョーザといったオーソドックスなメニューを手堅く出してくれる町の中華料理屋さん。ただ、徒歩では非常に行きにくい場所にあります(恋ヶ窪駅から1km弱)。
パリッとしてビールの進むギョーザ。

1307919124649.jpg

鳥唐揚げ

1307919128672.jpg

店内こんな感じ

1307919132582.jpg

閉店が早いのでご注意…。
因みに場所は東京都国分寺市新町1-2-16です。

| | Comments (6)

国分寺 North Exit

iPhoneからの投稿実験を兼ね…

国分寺駅北口のカフェ。RoofやCatooyaに較べて客層が大分若い印象。ランチでトマトとアボカドのパスタを頂いたが、美味しかった。夜はどんな感じかな…。
1307770368109.jpg

| | Comments (1)

国分寺 「麺屋 がらーじ」

最近唐辛子と共にヘビロテのこのお店。行くたびにビールの銘柄が変化しています。

ベルギーのフレーバードビア-「PinkKiller」ビールと清涼飲料水の中間とでもいうのでしょうか?ランビックではないし、普通に果汁を入れたフルーツビールとも違います。なんというかフリスクっぽい。

IMG_0772.JPG

日本酒も入れ替わりますが、この日はカップ酒が。といっても奥播磨とか、不老泉の3年熟成とか相当選んだ形跡がありますがw。自家製海苔佃煮が良く合います。

IMG_0777.JPG

〆には季節限定メニューの塩香菜麺。写真は麺大盛りのパクチー2倍体仕様です。

IMG_0779.JPG

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西国分寺 「らーめん熊祥」

国分寺界隈ですが、我が家から遠く、やっと訪問。辛口のつけそばを頂きました。このお店は細麺・太麺・平打ちを使い分けているらしく、つけ麺は平打ち。ピロピロしてスープがよく絡みなかなか面白い食感でした。つけ麺にしては麺量は控えめな方だと思います。

IMG_0753.JPG

(い)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

国分寺 「だいごろう」

北口駅前のカメラ屋後にできたそば屋。店構えからして全く期待しておらず、ながらく入りませんでした。

IMGP2614.JPG

開店から大分経ったある日、ふらっと入店。食券を買うセルフ店です。天もりの大盛りを注文。カウンターの向こうでは自動製麺機が鎮座しています。この製麺機は、ゆで釜の上に直接麺を射出するタイプ。注文都度製麺という形になります。天ぷらは野菜のかき揚げになりますが、これも注文都度揚げてくれます。

IMGP2612.JPG

いや、これは旨いです!というかコストパフォーマンスが素晴らしい。蕎麦は、それを目的にわざわざ訪れるようないわゆる専門店にはかないませんが、香りが鼻に抜け、うどんやラーメンではなく、蕎麦を食べている楽しみを与えてくれます。かき揚げはタマネギ・ニンジンがざくざく入った家庭料理風の物ですが、それがこの店のキャラクターにマッチしています。これで500円。(もりそば普通盛りで300円)。直ぐに出てきて、食べられる江戸時代からのファーストフードです。道路を挟んで隣にはマクドナルドがありますが、同じファーストフードでもエライ違いですね。南口にうどんや源があり、北口にだいごろうがある国分寺は素晴らしい。

個人的には、冷たい蕎麦のほうが、このお店は美味しいと感じました。天もりがお奨め。

あと、ゆっくり食事をする店ではありません。写真でわかるか・・・。

(い)

 

| | Comments (74) | TrackBack (0)

国分寺 「名曲喫茶でんえん」

ここを飲食店というカテゴリーに分けていいのか躊躇しますが、喫茶店です。

IMGP2604.JPG

洞窟のような空間でクラシックが流れています。とても良い音で空間が満たされています。ハイファイ、なのかどうかは判りませんが空間と音が折り合いをつけている。・・・そんな感じ。訪れたのは冬。死ぬほど寒いです。外より寒いのではないかと思うくらい。レジの前の一段上がった座席の横には赤いポリタンの灯油が鎮座。既にしゃれた商業空間から逸脱しかかっている風もあります。ラスコー洞窟と銘打った空間があるのは、国分寺南口のピーナツハウスですが、私にとっては「でんえん」の方がラスコー洞窟的といえましょう。クラシック音楽と灯油ストーヴの匂い。目を凝らせば雑然としていても、ここは国分寺でも有数の静謐な空間なのです。

(い)

| | Comments (42) | TrackBack (0)

国分寺 「おたカフェ」

国分寺南口には、国分寺崖線 通称「はけ」が通っています。この「はけ」沿いにはわき水が数多く、はけの南側は古くからの農地、北側崖上の武蔵野台地は関東ローム層が厚く、水の入手に苦労した訳です。国分寺南口の崖線沿いには、遊歩道が整備され、お鷹の道と呼ばれているのですが、ここにカフェができています。周辺のビジターセンターを兼ねており、なかなか快適な空間です。

物販・ツーリストインフォ・カフェが併設

IMGP2368.JPG

2Fにはミニ図書館を兼ねたCozyな一角が。

IMGP2369.JPG

(い)

| | Comments (71) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧