« January 2009 | Main | March 2009 »

国分寺「居酒屋かっぱ」

メニューの豊富な居酒屋 特に魚が充実してます。

IMGP9777.JPG

IMGP9778.JPG

ツブ貝とシメサバ。ツブ貝の鮮度の良さが印象的でした。

この日のシメサバは普通。

IMGP9779.JPG

煮込み。濃厚な味噌味でトロットロに仕上がってます。

IMGP9781.JPG

甘辛味で、酒の進みそうなキュウリ。

IMGP9782.JPG

馬刺し。

IMGP9783.JPG

竹輪チーズ揚げは物凄いボリューム。一つ一つが大振りのたこ焼き位あります。

天つゆか塩で頂きます。

IMGP9784.JPG

特製ハムカツ。この巨大ハムカツにまずソースをかけて、それからスライスチーズを乗っけると、余熱でチーズが溶けてチーズカツに・・・。挟まったソースがB級感満点な一皿。

IMGP9785.JPG

ド演歌が流れてそうな店なのですが、なぜか古めのロックがかかっていました。お酒は真姿の池の湧水で仕込んだという、「武蔵国分寺」純米酒(笹一酒造)をどうぞ。

(い)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

国分寺「Helmar's Kitchen Cafe」

最近新しくできた店です。店構えが呑むためという感じではないので、なかなか訪問できなかったのですがランチで利用してみました。

SANY0002.JPG

店内はシンプルでカジュアルな感じ。

SANY0009.JPG

私は海南チキンライスをオーダー

右上のソースは中国醤油・チリ・しょうがのソースです。

スープはとても上品な味。量は女性向かな。

チキンライスも、薄味で、上品な感じです。中国醤油がとくに相性が良かった。

SANY0003.JPG

(江)はサラダプレート

大皿のサラダと

SANY0006.JPG

スープ・野菜の炊いたの・チキンライス(ケチャップ味の)をトルティーヤで包んだものとブラウニー。

トルティーヤはカリッと焼いてあります。ブラウニー絶品。

SANY0005.JPG

別オーダーしたアイス。

左が塩アイスで、右が甘酒アイスです。

見分けがつきませんねぇ。どちらも凄く旨い。

SANY0007.JPG

野菜は狭山から無農薬のものを仕入れているとの事、味付けもやさしく

量もやや控えめ(私基準ですが)。デザートは逆にリッチな味で量も結構あります。

食事+デザートなら、隣のフジランチに行くようなお腹の空き具合でもイケルかも?

(い)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

国分寺 「焼肉山水2号店」

国分寺では老舗の焼肉屋で、100mほど離れた本店は高級店として有名です。

2号店はカジュアルな感じで日本酒のメニューが限られるなどの差がありますが、肉は一緒。炭火ではありませんが、正に老舗に恥じない味です。

 

上品な味のナムル

IMGP9773.JPG

切り口がピンと立ったレバ刺し。皿はもう少し小さくてもいいような気が・・。

IMGP9774.JPG

カルビ(上カルビではありません。これが並カルビ)

IMGP9771.JPG

ハラミ

IMGP9772.JPG

ホルモン三種盛り。コレだけは、ガツンとした濃い味付けで

ご飯が進みます。

IMGP9775.JPG

大盛りライスを頼むと、マンガみたいにこんもり盛って出てきます。

この山水、古い建物だった時代があって、その時はガヤガヤした

庶民的な雰囲気でした。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

国分寺「唐辛子」その2

最近最も通っている居酒屋「唐辛子

IMGP9560.JPG

中はこんな感じ

IMGP9768.JPG

日本酒は定番清泉の他に、入れ替わりで純米酒か純米吟醸酒の生酒が入ります。

IMGP9561.JPG

メニューは全て黒板で、その日の仕入れと店主の気分で変わります。

シンプルな盛り付けの刺身

IMGP9572.JPG

牡蠣酢

IMGP9562.JPG

コノワタ

IMGP9566.JPG

冬季はおでんがいつもあります。「ちくわぶ」が旨いです。

もともとちくわぶはあまり好きではなかったのですが、宗旨替え

しました。

IMGP9569.JPG

鶏皮ポン酢

IMGP9573.JPG

ニンニク温麺。キチンととったガラ出汁をベースに麺は

素麺をつかって九州ラーメン風にした一品。

IMGP9574.JPG

自家製オイルサーディン。

IMGP9766.JPG

自家製生地のクリスピーなピザ

IMGP9767.JPG

以下はまた別の日に出合ったメニュー(全て黒板メニューで、日によって替わります)

自家製味噌を添えたたたきキュウリ

IMGP9966.JPG

蜆の紹興酒漬け

IMGP9967.JPG

後を引くワンタン

IMGP9968.JPG

行者ニンニクの肉巻き

IMGP0276.JPG

(い)

| | Comments (539) | TrackBack (0)

国分寺 「Vin bougnat」

国分寺では有名なワインバー

結婚記念日に行ってみました。

IMGP9741.JPG

店内は意外とカジュアルです

IMGP9742.JPG

人間の体温で溶ける脂肪を持つ、大田原牛のハンバーグ。

パテ状態のこれ、殆どレアで、きめ細かくて絶品。

IMGP9743.JPG

茹卵のマヨネーズ和え。これも配合が絶妙で大田原牛に負けず劣らずでした。

IMGP9744.JPG

トリッパは外せません。この一皿はさっぱり系。

IMGP9745.JPG

グラスワインしか頼みませんでしたが、なかなかでした。

IMGP9747.JPG

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湯の丸スキー場 2月15日

湯の丸スキー場にコソ練に行ってきました。

春スキーのような陽気で、チビッコが沢山!

そこで見かけたモノスキー+懐かしのSALOMON SX91エキップの方

SANY0002.JPG

低速ターンの練習などまったりと行って早々に帰ってきました。

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

裏磐梯ポローニア 1月25日 深雪講習会

グランデコからペンギン沢へ

IMGP9713.JPG

朝方曇ってましたが、いい感じの天気に

IMGP9714.JPG

ウサギの足跡

IMGP9715.JPG

セントエライアスでこけまくりました・・・。

 

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

栂池 早大ヒュッテ

今季も、栂池早大ヒュッテに呼んでいただき、気心の知れた仲間と最高の3日間をすごしてきました。

SANY0002.JPG

一人何キロ担いでいたかは秘密です。

SANY0005.JPG

NOZ隊長と謎のチベット人

SANY0008.JPG

栂池最上部から、林道沿いにしばしのハイクアップ

SANY0013.JPG

ここが、ベース基地。

IMGP9618.JPG

SANY0024.JPG

SANY0025.JPG

夕暮れの雪煙

IMGP9612.JPG

私は焚火担当でした。

IMGP9703.JPG

日の出と共に栂池自然園方面へ

IMGP9642.JPG

素晴らしい天気

SANY0128.JPG

気温は低く、雪はまだまだ大丈夫

SANY0141.JPG

自然園から船窪の頭方面に

SANY0154.JPG

通称「三本指」の下の台地

SANY0163.JPG

3名は稜線に向かいました。私たちはここからドロップ

IMGP9660.JPG

ここでも既に絶景です

IMGP9659.JPG

積雪が安定しているため、ボウル沿いにドロップ

SANY0167.JPG

うねりのある広大な斜面です

SANY0168.JPG

まだまだ下ります。

SANY0175.JPG

ヒュッテに帰着。ビールとコーヒーで乾杯。

SANY0182.JPG

ビーコン捜索訓練

IMGP9672.JPG

「雪崩通信」で紹介されていたV字コンベアベルト掘り出し法の実験。

IMGP9683.JPG

この後、先端部は狭いままでしたが、1M80CM程度の深さまで試に掘りました。

確かに早く、効率的。怪我人の搬出まで考えられた方式ですが、

この方法ですら、ちょっと深くなっただけで救助には相当な人力が

必要である事を実感。いろいろ考えさせられました。

(い)

| | Comments (26) | TrackBack (1)

裏磐梯ポローニア クロカン板でテレマークターン

ノーエッジクロカンでテレマークターン

SANY0067.JPG

ジョギングシューズで雪面を滑っているようなフラフラ感と軽快感

おおゴケしました。中斜面にも行きましたが、そこは動画なし。

この道具でも、カービングターンで降りる方がいて感動しました。。。

 

さいごの仕上げは、イエローフォールへミニツアー

SANY0075.JPG

(い)

| | Comments (59) | TrackBack (0)

裏磐梯ポローニア 1月10日 一本杖

爆裂火口の借景が美しい裏磐梯スキー場

SANY0037.JPG

怪しいですね

SANY0052.JPG

弧形滑降はテレと板の前後が逆です

イメージ 1.jpg

背中がよじれるオーストリー式急斜面キックターン

イメージ 2.jpg

最後はテレヘレで

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »