« October 2008 | Main | December 2008 »

BD-1@信濃川(千曲川) 長野>越後鹿渡>越後川口 2日目

2日目は楽勝の38.8km。

しかも殆ど下り♪・・・

イメージ 1.jpg

しかわたり館の

IMGP9344.JPG

地味ですが、手間のかけられた朝ごはん。

味噌漬けの焼き魚のつけあわせは手作りの蕗味噌。

山菜も登場。お米の旨かったのは言うまでもなし。

IMGP9345.JPG

ゆるゆると出発。なんせ昨日の半分以下の距離。

お化け南瓜と、

IMGP9348.JPG

カエル君のいるローソン。

IMGP9351.JPG

闘牛で有名な小千谷ですが、偶然牛舎の前を通りかかりました。

IMGP9352.JPG

勇ましい!

IMGP9353.JPG

自転車に興味津々の模様

IMGP9356.JPG

気になるー

IMGP9357.JPG

届かん

IMGP9358.JPG

ゴールまであと一息

IMGP9359.JPG

越後川口で、信濃川と魚野川が合流します。

IMGP9362.JPG

到着!

IMGP9363.JPG

かわいい色の在来線で、新幹線の停車する長岡へ輪行。

IMGP9364.JPG

長岡にて、へぎそばの老舗、小嶋屋へ

IMGP9365.JPG

帰りは新幹線だし、もう祝杯でしょう。

身欠き鰊とゼンマイ・車麩の炊き合わせは

鰊の脂酸化感が皆無で、上品かつ素朴に仕上がった絶品。

IMGP9366.JPG

IMGP9367.JPG

2杯目は酒。蕎麦屋には酒でしょう。

IMGP9368.JPG

へぎそばです。

IMGP9369.JPG

IMGP9372.JPG

ほろ酔いで東京へ。。。。

IMGP9373.JPG

越後川口>信濃川河口は、もう寒くなるので

新緑の2009春に走る予定です。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BD-1@信濃川(千曲川) 長野>越後鹿渡>越後川口 1日目

信濃川を源流から河口まで下る企画2期目

本日の行程は89km。

イメージ 1.jpg

11月1日は野暮用があり、夕方長野入り。

IMGP9265.JPG

長野駅前、天ぷらBAR「SENKE」で前夜祭

IMGP9268.JPG

カウンターのお好み天麩羅とBARがフュージョンした業態。

長野市侮るべからず。。。

IMGP9269.JPG

カスベ(ガンギエイのひれ)の煮凝りなんかもありました。

IMGP9273.JPG

2杯目は田酒の純米吟醸。凍ったグラスで供されました。

IMGP9272.JPG

天麩羅いろいろ。

IMGP9270.JPG

一夜明け、翌日はホテルを早朝チェックアウトし、5:40に走行開始。

やっぱ、寒いですね。未明のセブンイレブンでは思わずおでんに手が伸びました。

IMGP9282.JPG

「きのこ♪のこのこ♪」でおなじみのホクトの前を通過。

IMGP9283.JPG

長野市郊外は延々林檎畑。堤防沿いに走っていたら、こんなところに迷い込んでしまいました。

 

IMGP9285.JPG

小布施町付近の川沿いにて。寒っ!

IMGP9286.JPG

信州中野市で、長嶺と呼ばれる丘陵にぶつかり、登った先の公園にて。

IMGP9288.JPG

朝もやの池。

IMGP9290.JPG

長嶺を下った先の集落にひっそりと道祖神を祭る祠がありました。

IMGP9291.JPG

飯山市に到着。なんとなく晴れ間が見えてきました。このマックは、米国の1号店舗のレプリカだそう。

IMGP9293.JPG

戸狩野沢温泉駅。やっと青空だぁ!寒かったのともお別れ。

IMGP9294.JPG

戸狩スキー場への登り。

IMGP9296.JPG

IMGP9297.JPG

鍋倉山への登山口となる温井です。春スキーではおなじみです。

IMGP9298.JPG

なべくら高原森の家に到着。しばし、お茶しました。

IMGP9299.JPG

悠然と流れる千曲川。

IMGP9300.JPG

もと線路だったみたいなのですが、いまは栄村の除雪機が収納されています。

IMGP9302.JPG

遅い昼食。

IMGP9304.JPG

てんこ盛りカレーラーメン。

IMGP9305.JPG

津南に向かう国道117のスノーシェッドは歩道完備で快適走行。

IMGP9307.JPG

津南駅につきました。この駅は駅舎に温泉が併設されてます。

IMGP9308.JPG

温泉スタンドも。

IMGP9309.JPG

今夜の目的地「越後鹿渡」には、あと一駅。

これはなんでしょね?

IMGP9310.JPG

IMGP9311.JPG

越後鹿渡駅。

IMGP9312.JPG

無人駅で、改札もないためホームには自由に出入りできます。

結構アップダウンのある行程で、疲れました。

IMGP9315.JPG

今夜のお宿(の車庫とその隣家の猫)

IMGP9318.JPG

こちらが今夜のお宿「しかわたり館」。鹿とか熊とか看板に書いてありますが・・・・。

IMGP9319.JPG

宿内は迷路のようです。したは宿の猫。

IMGP9323.JPG

源泉かけ流し。

IMGP9324.JPG

怪しい。

IMGP9326.JPG

夕食は山菜三昧でした。

11月なのに?

保存方法に工夫があるようです。

IMGP9330.JPG

キノメ(アケビの若芽)

IMGP9331.JPG

キク

IMGP9333.JPG

ウドブキかアザミ (多分)

IMGP9334.JPG

IMGP9335.JPG

コゴミ

IMGP9336.JPG

ワラビ

IMGP9337.JPG

失念しました・・・。

IMGP9338.JPG

スギナとか、ドクダミ、アケビの実他。

IMGP9339.JPG

ズイキとシメサバと何かの白子(色が悪いんですが、旨かった)

IMGP9340.JPG

鴨鍋

IMGP9341.JPG

ナラタケ他雑キノコのお吸い物。

IMGP9343.JPG

「しかわたり館」建物は超鄙びの民宿ですが、山菜好きなら、食事はオススメです。

山形県に「出羽屋」という、本多宗一郎さんがヘリで食べに来たとても有名な山菜料理屋がありますが、

それに近いものを、リーズナブルなお値段で堪能できます。

山菜目当てなら11月より春がもちろん良いでしょう。

(い)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

十石山 小屋閉め登山 2日目

ご来光を待つ

IMGP9236.JPG

【Fools on the Roof】

みんな屋根の上が好き。

私は高いところはオッカナイのでパス。

「屋根の上の莫迦!」 というのは負け惜しみということで : - )。

IMGP9253.JPG

IMGP9250.JPG

IMGP9255.jpg

IMGP9256.jpg

藤田さん・ご一緒してくださった皆様 ほんとうにありがとうございました

(い)

| | Comments (35) | TrackBack (1)

十石山 小屋閉め登山 1日目

雪山で出合った方のお誘いで、十石山(2525M)に登ってきました。

十石山は、山頂直下に立派な避難小屋があり、この避難小屋の小屋閉めがもう一つの目的。

ついでに、登山道のメンテナンスも行います。

下に写っているのは、エンジンつきの草刈マシーン。

IMGP9183.JPG

秋です。

IMGP9187.JPG

最強の体力のお二方が草刈マシンと人力カマで、トレイル脇の笹をトリミングしてゆきます。

IMGP9200.jpg

そのほかのメンバーは、小屋閉めに使う塗料やら、今宵の食料やらを荷揚げ。

IMGP9201.JPG

空気が澄んでます。

IMGP9203.JPG

十石峠避難小屋が、忽然と現れました。

この小屋は有志によって建設され、有志によってメンテナンスされています。

初めての訪問でしたが、維持管理のされ方・利用されている方のマナー共に素晴らしい事が

内部の状態から伺えました。

IMGP9214.JPG

この後、小屋外壁のペンキ塗り(ローラーを持っていたので写真はありません)。

IMGP9227.JPG

この後はお約束の大宴会。

| | Comments (60) | TrackBack (1)

国分寺 「English garden ROSE CAFE」

マスコミなどでの露出もあるお店ですが、偶然通りがかることはまずないような

とても判りにくい場所にあります。駅からは近いのですけどね。

IMGP9106.JPG

高台にあり、テラスからは遥か遠景まで望めます。

IMGP9109.JPG

行った日は大変な混雑でありました。

IMGP9112.JPG

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

純米酒フェスティバル2008秋

先日ですが、友人のお誘いで純米酒フェスティバルに行ってきました。

会場は椿山荘。

IMGP9114.JPG

お弁当つき着席形式の周りを出品蔵のブースがぐるりと取り囲んで、試飲に廻る形式。

フル立食より、座る場所があるのは良いことです。

IMGP9123.JPG

試飲といっても、私も、会場にいた殆どの方も吐き出したりせずホントに飲んでしまいますので

2時間ある開催時間の最初30分くらいで、出来上がってしまうのが難点ですな(笑)。

どうしてもペースが上がってしまう・・・。

IMGP9128.JPG

後藤酒造店の小タンク仕込オーダー酒制度を利用した、「酔麟」の元締めの方にも

お会いすることができました。毎年ホントにおいしいので感謝。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »