« October 2007 | Main | December 2007 »

たんぽぽ村キャンプ広場

月の光を浴びすぎると発狂すると誰かが言ってましたが、この日は真昼のような月明かり。月光の下に妖しい灯火一つ。

↓手持ちだったので相当手ブレしてます

Imgp6944

空より森が黒々としているのはマグリットのよう。

Imgp6940

その館の中では・・・・。

Imgp6920

トマトのベーコン巻きが焼かれていましたとさ。

それが日常。合掌・・・。

Imgp6939

ところで、七輪ストーブ、本気で暖を取り出すとSUSの天板と煙突は赤熱して光りだします。

赤熱シリーズその1

Imgp6948

赤熱シリーズその2

Imgp6915

この状態だとホントに暖かい。それなりに薪を食いますが。

翌朝。遠くに那須連山。

Imgp6926

お隣さんはHEX3のライダー。

Imgp6929

たんぽぽ村キャンプ広場、この日が初めてだったのですが、手作り感溢れるシンプルな施設ながら、要所をキチンと押さえており、非常に気に入りました。

4号線のがすぐ近くを走っており、夜など、それなりに暗騒音はあります。しかし森の目隠しはほぼ完璧で、景観的にはここが人里のなかにあるとはとても思えません。

高規格な施設を求める方には合いませんが、我が家的には運営も含め素晴らしいと思えました。

(い)

| | Comments (1)

栃木県 「那珂川温泉 皆幸の湯」

Imgp6930

無色透明の、一見白湯みたいなのですがアルカリ性のツルスベ。シンプルな浴槽に適温の湯がかけ流されています。

Imgp6932

コチラは露天。でかいです。もちろんなみなみとかけ流し。

Imgp6931

タイルに無色透明湯なので、写真だと色気がないですが、とても気持ちの良い湯でした。たんぽぽ村キャンプ場から車で15分ほど。

(い)

| | Comments (0)

廻り目平 シーズン最終日

再び廻り目平。今日はtomomiとk-taと4人で焚き火を囲んで忘年会。積雪こそないですが、とにかく寒い。いつもはボルダリングやクライミングの人でごった返すのですが、この日はピーカンだというのに閑散としていました。そのため、夜遅くまでワイワイしても誰にも咎められなかった訳でありますが。

使用前

Imgp6894 

使用後 ~ 飲んでる晩の写真はコチラ

Imgp6898

霜柱が群生。ペグも土が凍って固まってたとさ。

Imgp6904

(い)

| | Comments (0)

シャトー デュ シャテラール ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー ヴィエイユ ヴィーニュ 2007

Imgp6889

国分寺の三浦屋でPRしていたのでなんとなく購入。

単一畑の樹齢60年以上の老木だけを選び、手摘みでワインに。ヌーヴォコンクールで賞も獲っているそうです。

Imgp6890

新酒らしい果実味は感じるのですが、落ち着いており、きめ細かさはベルベットのようです。若いのですが、大人びていて、エレガント。

しばらく空気に触れていると鮮烈な香りが立ってきます。高かったですが、なんとなく抱いていたボジョレーヌーヴォーのイメージを覆され、驚きました。

ワインは殆ど解らない私ですが、美味しかったということで。

(い)

| | Comments (0)

晩秋の廻り目平

ほぼ2年ぶりに廻り目平を訪れました。今回はやや軽量装備での寒いキャンプと言うことで、キファルーも角七輪も使わず、HEX3と台湾製500円の赤い焚き火台です。

Imgp6841

ナナーズに地のキノコがあったので、調達。

Imgp6815

左がシモフリシメジ・右がクリタケ

シモフリシメジは好きなキノコの一つなのですが、今年は豊作なのか、松本の八百屋でも見ました。嬉しいことです。

↓こちらはサイト周辺で見かけたキノコ

Imgp6827

Imgp6829

キャンプ場裏の屋根岩に登りました。

Imgp6835

雄大な渓谷の裾はパッチワークのように染まっていました。

岩場で見かけた地衣類

Imgp6830

地衣類は菌類と藻類の共生で成立している生物ですが、ペンキにしか見えません。これが生きているんです、それも異なる生物のコラボレーションで。不思議です。

キャンプ場駐車場横の紅葉。

Imgp6848

Imgp6852

Imgp6853

Imgp6860

秋を深呼吸できる場所です。

--------------------------------------------

番外編

樹木里荘の川上犬にまた仔犬が生まれていました。

Imgp6867

(い)

| | Comments (2)

長野県 松本市 「中之屋」

ここは大学時代に先輩に教えられた店です。店内は小改装されたりしていますが、基本的にはあまり変わっていません。

繊細というより、荒々しい蕎麦です。

Imgp6799

この日、199X年の初来店以来初めて温かい蕎麦を頂きました。

いいですねえ。乗鞍のそばって香りがシャープなイメージなのですが、

それが暖かいそばでこんなに豊かな含み香になるとは。

Imgp6800

(い)

| | Comments (0)

長野県 松本市 「おきな堂」

ナワテ通りの反対側にある老舗の喫茶店というか洋食屋さん。

Imgp6753

特に1Fは風情があります。

江はカツサンド。クラシックな感じですね。

Imgp6752

私は、歴史ある定番メニューを全てパスしてカレースパを。

Imgp6750

オニオンスープも。

Imgp6751

(い)

| | Comments (1)

ペンション サウスコル

ああ、温泉に入ってゆっくりしたぃ。宿でゴロゴロしたい。源泉かけ流しじゃなきゃやだ。

・・・と思い立ったのが木曜日。でも、いつも使っているあの宿とかこの宿とかは満室で。

楽天トラベルでパパっと探して飛び込みました。

天候は雨、松本でもぶらぶらしてと思い、「ブンリン」へ。(江)のクロカン用ブーツが無いかなとも思ったので。生憎ブーツは無かったのですが、店内で見たことのある方に遭遇。堀田貴之さんのツアーで一緒だった方だ。

びっくりしながら、挨拶しているうちに後ろからもうひと方。あれ、こちらも?でも会ったのは全然違う場所、練馬のbottomline主催の雪崩講習会。知り合いだったのですね・・・(ナルホド)。世の中狭いものです。

お二人は十石峠避難小屋の小屋閉めに行くそう。明朝出発の今夜は乗鞍高原温泉泊り。

私たちも乗鞍高原温泉泊り、我らはドコにも登らないので乗鞍高原温泉止まりと言ったほうが実情を表していますが。「今夜の宿は(楽天で適当に選んだ)サウスコル」と伝えると、「私が昔居候してた宿で、後で顔を出します」。本当に、世の中とは狭いものです。

ペンション サウスコル

Imgp6779

サウスコルは、ペンションとしては(私の知る限り)パブリックスペースを非常に贅沢に取った宿でした。日本家屋っぽい手狭感をあまり感じません。

Imgp6771

天井が高いせいもあるのかもしれません。

Imgp6756

白濁硫黄泉かけ流しの風呂が露天付であります。これも嬉しい(というかコレを見て決めた)。メシも旨かったです。

翌日はうって変わって晴天。乗鞍高原周辺をポタリングしました。

Imgp6781

Imgp6792

(い)

| | Comments (0)

キファルー煙突ポート周り

たつごろうさま、参考に我が家のキファルーの煙突ポート周りの写真を載せます。

Imgp6807

ベルクロは煙突に誤って触れて溶かしてしまったため、市販品を縫い付けてあります。

Imgp6809

煙突に当たる所の縁は単なる裁ち落としです。煙突に触れて若干溶けた所や、ほつれた所もあります・・・。

Imgp6811

参考になりましたでしょうか。

(い)

| | Comments (29)

« October 2007 | Main | December 2007 »