« January 2007 | Main | March 2007 »

立川 「パスタビーノ ハシヤ / Pastavino HASHIYA」

立川には北口と南口にそれぞれ一店舗ずつあるスパゲティーのお店、パスタビーノハシヤは南口を出て右側にずんずん歩いていくとあります。北口の方はフロム中武の中です。代々木八幡のハシヤさんとは多分?なんらか関係あるんだと思われ。

Imgp4790

このお店はパスタ(1000円台でいろいろ)に680円加えるとサラダとビールがついてきます(価格は訪問時)。サラダは10種類くらいのトッピング違いから選ぶことができます。私はいつもカニサラダ。

Imgp4787

とにかくカニが気前良く入っていて、こってり系のドレッシングとの相性も良く、コレをつまみにビールを飲むのは最高です。

Imgp4788

スパゲティーはどれもややこってり系のわかりやすい味というか、ほっとする味というか、無性に喰いたくなる味というかで、いわゆる本格イタリアンとは路線が違います。和風パスタがメニューの半分を占めていますのでそれで想像がつくかと。写真はミートソースですが、普段はウニ系タラコ系を頼むことが多い。

なんていうか、一人で行ってがつがつと食べたくなる味です。

でもって、カニサラダ様(゚Д゚)ウマー

(い)

| | Comments (33)

福島県郡山市 「味勝手 萬菜屋」

スキーの前泊で郡山に宿を取った。到着は23時。手ごろな居酒屋を探して駅方面に向かった。

郡山駅前通りは車道の両側がアーケードになった広い通りだが、駅のまん前だというのにこの時間帯は黒いダウンジャケットを着た客引きが雲霞の如く蠢いていて、居酒屋を探すどころの話ではなかった。駅前一番の目抜き通りがこの状態。歩けませんよ、これでは。。。

客引きに用がある方以外はドン引きでしょうね。

仕方ないので、駅から向かって左側のもの寂しい方向に歩く。人気がない。そのやや奥で見つけたのがこのお店。

Imgp4808

ワカサギの唐揚

Imgp4806

(普通の店があって良かった。。。)

ギンダラの煮付けは皮目がネットリして絶品

Imgp4807

日本酒もかなり揃っていました。県産酒や、県外では大信州、南、山法師、安東水軍など。辛口だが、水のようではなく米の旨味を積極的に出している純米酒が割と多品揃えでした。

平日は4時までやっているそうです。

(い)

| | Comments (1442)

バード電子 DC-Pod LP-5V

iPod5GとPHS用の予備電源として、松下電工製「USBパソコンライト+デンチボックス」を使っていたのだが、オキシライドを使ってもPHSはともかくiPodの満充電は無理だったため、「とにかく充電能力のあるものを!」ということでだいぶ前に購入。

条件は、

・乾電池で作動

・出力はUSB

・iPod-5G-Videoの充電に十分な能力

の3点。少ない候補の中から選んだコレはかなりお高かったのだが、能力的には十分で、動画再生しながらでもどんどん充電されていく。

Imgp4803

一番右がBIRD電子LP-5V、中央が松下のデンチボックス。

LP-5Vの最大の欠点は「デカくて重いこと」デンチボックスが単4x3、LP-5Vが単3x4なのだが、その仕様差を越えてデカイ。左端のiPodが手元のキッチンスケールで実測132gなのに対して、LP-5Vは電池実装状態で232g。。。。アルミのケースになどしてくれなくて良いから(使用経験上殆ど発熱しませんでしたので)、軽く小さくしてほしかった。

しかし、能力は圧倒的なので、結局毎日持ち歩いている。

あけるとこんな感じ。LP-5VはDC-DCコンバータを内蔵していて、ほぼ電池を使い切るまで安定した出力を保つ。

Imgp4804

(い)

| | Comments (4)

国分寺 「つけ麺 紅葉」

Imgp4797

自家製麺のつけ麺専門店(最近中華そばもメニューに追加されたらしい。「らしい」というのは初回訪問時に中華そばは既にメニューにあり、上の写真の貼り紙でそう思っただけのため)。

Imgp4798

なんと麺を4種も揃えている。細麺、太麺、平打ち、変わり麺を揃えている。スープが「つけ麺」と「味噌つけ麺」そして中華そばの3種なので、麺の種類の方が多い。麺量も標準の250gの他、375g、500g、750g、1kg(!)とある。

エビスビールとつけ麺375gを注文した。ビールのつまみにメンマの小皿が着いてきたが、これが旨い。自分にとってラーメンのメンマは普段眼中にもないようなかわいそうな存在なのだが、これはお土産で売っていたらきっと買っていたであろう(ちなみに売っていません)驚きの旨さだ。後を引く味。ちなみにエビスは清潔な良く冷えたグラスと共に出てきた。ラーメン屋さんでその当たりが行き届いているのはちょっと嬉しい。

太麺375gは、スパゲティーかと思うような迫力で丼に載って現れた。

「ドーン!」(笑ゥせぇるすまん風に)

Imgp4800

スープは油は控えめだが、出汁の味が強力に主張する。太麺に全然負けていない力強い味。

Imgp4801

食べ応え、あり。インパクト、あり。なかなか良し。油脂的にはあっさりですが、基本的にはややガツン系、腹ペコ向けの店かと。今度は他の麺も試してみよう。

※メンマは漬け汁の中のより、ビール付属の小皿のものが味が良く判って良かったです。

(い)

| | Comments (0)

国分寺 「くいてぇ屋 天晴れ」

Imgp4791

北口西友の先の、淡菜房があった場所に昨年オープンしたお店。看板には小さく「はるばる青梅線からやってまいりました」と書いてある。訊くと、小作の「でん」立ち上げ時のスタッフだった方が独立して開いた店だとの事。

Imgp4793

フードメニューは意外といけるが、絶対的な旨さやインパクトというよりはやや手堅くまとめた感がある創作メニュー。ま、これはこれでアリだとおもう。どれもイケます。

Imgp4794

味付けや、火の入れ方などはキチンとしていて裏切られない。一つ個人的なわがままを言えば、フードメニューの品数がまだ足りない。選ぶ楽しみが薄いのだ。定番だけで今の1.5倍、日替わりを入れて2倍くらいあればかなり楽しいのになと思う。今後に期待。ところで、このお店で特筆すべきは、果実酒の充実度だ。フレッシュフルーツを惜しげもなく焼酎に投入したガラス瓶がカウンター上にずらりと並んでいる。梅酒の果実漬け込み系バリエーションや、自家製のサングリアなどとにかく、フルーツ、フルーツ、フルーツである。バーテンダーがいるわけではないが、果物っぽいお酒が好きな方にはバーのような使い方もできるかなと。

(い)

| | Comments (1)

「こんぴらさん」の周りの景色いろいろ

駅の改札です。こんぴらマーク?がでかでかと。

Imgp3390

門前町の名物、マルキン醤油のしょうゆソフトクリーム。

ちょっとキャラメルっぽい味がしておいしかった。

Imgp3382 

骨付鶏というのは、鶏の足を下味をつけて焼いたもので香川の名物らしいです。

Imgp3384

「指までしゃぶるこのうまさ!!」by寄鳥味鳥

↓この写真(店も)は高松市内ですが、「骨付鳥」の愛され加減が良く伝わってくるかと(笑)。

Imgp3404

「ハニー雷蔵」 これは何?

Imgp3386

ナイスなネーミングの食堂でした。

Imgp3385

肉饅、やけに安いな。。。

Imgp3396

あぜ道には近所の家の犬とおぼしき動物が大脱走中。本日も平和ナリ。

Imgp3323

(い)

| | Comments (7)

香川県 金刀比羅宮

Imgp3347

金刀比羅宮というより、こんぴらさんの方が通りが良いですね。昔は神社仏閣に全く興味が無かったのですが、最近は結構立ち寄るようになりました。民間信仰に支えられたお宮であるせいか、世俗的なというか、民衆パワーみたいなものを随所に感じる空間でした。ウェブサイトはオープニング映像が出色なので、是非訪問を。

Imgp3346

山の斜面にめり込むように在る社務所は実は超モダン。

Imgp3351

航海の神様として有名で、こんなものが奉納されています。

Imgp3355

太平洋を横断したソーラーヨットも。

Imgp3357

あんなものもこんなものもだぁ!

Imgp3375

「パオォォォーン!」

Imgp3374

山頂まで行ってきました。ここまで来ると人通りもなく、俗世からやっと離れた感が。

Imgp3367

(い)

| | Comments (0)

レトロな琴電

Imgp3303

Imgp3305

Imgp3306

Imgp3309

Imgp3316

(い)

| | Comments (4)

香川県 高松市 「さか枝」

Imgp3301

香川県庁の近くにあり、昼は職員でにぎわうらしいセルフのお店。セルフというのは自分で麺を湯がいたりするわけですが、街のどまんなかにこういう店があるのは県外の旅行者からすると、おもしろいですね。

Imgp3300

量が多いです。訪問したのはアサイチでした。

(い)

| | Comments (0)

香川県 高松市 「ア歯科」

Imgp3298

やっぱり、あの鼻の上で玉を転がすあの動物と関係あるのでしょうか。。。。

(い)

| | Comments (10)

香川県高松市 「こんぴらうどん」

呑みの後には麺が欲しくなる。ここ高松は深夜営業の本格的なうどん店が歓楽街にあり、うらやましい限り。

Imgp3287_1

店内は飲み会帰りと思しきサラリーマンから謎の母子連れまでいろいろ。とにかく賑わっている。Imgp3292

ラーメンより健康的なのがいい。深夜の店と言えどもうどんは旨い。天国かも。

Imgp3290

(い)

| | Comments (0)

香川県 高松市 「酒甫手」

Imgp3276

「さかぼて」と読む。居酒屋である。いかにうどん漬けな旅とはいえ、夕暮れ時に居酒屋はかかせないのだ。

高松の街は、飲み屋が多い(気がする)。それもいい感じの店が。長大なアーケードの周りに飲み屋が並ぶ。

アーケードや歩行者天国の商店街が賑やかな街は好きだ。東京でいうと、都心を囲んでドーナツ状に大きな商店街のある街は分布していて、たとえば江東区の砂町銀座や品川区の戸越銀座。国分寺では遠すぎる所為かアーケードはない。

Imgp3277

店内は落ち着いている。なにより店主も奥様も日本酒を心から愛している様子が伝わってくる。

Imgp3278_1

先ほど書店で見つけて買ってきた大判の本を開く。写真集といっても良いような本だ。

Imgp3279

「いろどり」過疎と高齢化に悩む集落が、「葉っぱ」を商売にすることで元気を取り戻す話。

上手く書けないのですが、読んで感動した。「働く」ということを考えさせられる。おばあちゃんたちの「魔女の宅急便」と言ったら言いすぎだろうか。ビジネス書としても考えさせられる部分の多い良書ではないかと思う。

かくして夜は更けてゆくのだが、やはり締めはうどん屋になるのであった。

(い)

| | Comments (0)

日の出製粉 「ロン龍」

Imgp4678

火の国熊本とんこつラーメンと並ぶ、濃厚系の棒ラーメン。こちらは1食分のパッケージ。

ところで、私はラーメンはフライパンで作る事が多いです。

Imgp4691

湯が沸くのが早く、吹きこぼれにくい、テフロンなら鍋洗いも楽です。このフライパンはどこから注いでも液だれしない形状になっており、丼に注ぐのも楽。

「火の国熊本」と同じくスープは液体タイプ。

Imgp4692

これも旨いです。熊本の方がやっている国分寺の某居酒屋ではロン龍が裏メニューとして存在しています。

Imgp4693

(い)

| | Comments (0)

国分寺 「季節の幸 もがみ」

Imgp4655

「はる」があった場所に居抜きでオープンしたお店。「はる」のスタッフだった方が独立したとのうわさも訊いた。

メニューも「はる」時代を踏襲している感じだ。

つきだし

Imgp4657  

シメサバ

Imgp4660

牡蠣フライ

Imgp4661

子持ち昆布の土佐酢あえ(これは「はる」時代に食べた覚えがある)

Imgp4663

料理は安定感があって旨い。すこし品揃えが減ったかなとも思った。「はる」の路線に似ているだけについつい比べてしまうが、国分寺の和食系居酒屋ではかなりハイレベルな方だと思う。個人的には今後はメニューの充実を期待したい。

大いに気に入ったのが日本酒の品揃え。

Imgp4658

大輪→繁桝→俵雪の順に呑んだが、どれも保存状態含め素晴らしかった。なべや清水さんからの仕入れとの事だが、全て店主自ら味わって選んでいるようだ。置いている酒の味の傾向が私の好みと一致しているのも大きい。清水さんで酒を買うときに参考になりそうだ(笑)。

(い)

| | Comments (2)

たびと 山廃純米吟醸

Imgp4683

天の戸と同じ平鹿町の蔵元。目白の田中屋で入手。やや黄色味かかった酒で、味は野太く酸味も立ってというワイルド系。燗でもいいかもです。結局全部冷で飲んじゃった後の思いつきですが。。。

Imgp4684

(い)

| | Comments (1)

高松 「マツモト温泉」と犬

高松市内は銭湯が多くあり、商店街アーケードに面している「マツモト温泉」もその一つ。温泉ではなく、普通の銭湯です。気軽に大きな風呂に入れるのは、旅行者には助かります。

Imgp3255

ちょっと立ち寄った市内の某アウトドアショップの店先に犬を発見。

Imgp3265

接近

Imgp3266

人馴れしているようだ

Imgp3267

ひまらしい

Imgp3269

飲み屋が開くまでの時間、

Imgp3270

ニンゲンの方もヒマなのであった。

Imgp3273 

付録:「あなぶきんちゃん」の穴吹グループの本拠地がここ高松。犬の看板をおまけに。

Imgp3263

(い)

| | Comments (0)

香川県綾歌郡綾川町 山越うどん 

熱々のうどんに、生卵と醤油をかけていただく「かまたま」を食べに山越に。ベタベタな有名店めぐりですハイ。お店からちょっと離れた場所に大きな駐車場があるのですが、結構埋まっていました。

Imgp3248

入り口には行列が。でも行列が進むのも早く、殆ど待ちませんでした。入り口横には写真入のメニューが。

Imgp3250_1

ここでうどんを受け取り、この先で天ぷらやらを選んで取ります。もの凄いスピードで大量のうどんが茹で上がってゆきます。

Imgp3251

釜玉+ゲソ天で。このゲソ天が、下味がしっかりついていてまた旨いんですよ。香川の天ぷらは、東京の天ぷらとはまた別な食べ物でした。

店内は広く、裏にはあちこちにベンチのある広い庭があります。庭にはソフトクリームを売る小屋やら、土産用のうどんを売る小屋やらがあってちょっとお祭りチックな雰囲気。

山越のお土産うどんは自家製のものをそのまま売っていますのでお勧め(お土産うどんの殆どは別な製麺所で作られることが多い)。釜玉用の醤油たれも買って帰りましたよ。

ちなみに「やまごえうどん」です。「やまこし」ではありません。

(い)

| | Comments (0)

香川県仲多度郡まんのう町 谷川米穀店

なかむらの後は軽のレンタカーで南下して、セルフのうどん屋その2「谷川米穀店」へ。

Imgp3236

橋の左下の行列が、谷川米穀店です。駐車場がないので、橋のこちらがわの路肩(写真には写っていません)は駐車の嵐。混んでる時は大変そうです。この日は大丈夫。

Imgp3241

「米」の横に「食堂」とあります。

Imgp3244

さて、うどんはなんと1玉なら105円、2玉なら210円。安い。。。。。

このお店は醤油と酢、青唐辛子の漬物があるだけで、だしを提供していません。ですので、食べ方は暖かいしょう油うどんか、冷たいしょう油うどんか+オプションの玉子。になります。私は温かいうどん+卵で一玉、冷たいうどんで一玉、計240円ナリ。

Imgp3243

で、またもや感動的に旨いです。

(い)

| | Comments (4)

香川県丸亀市 なかむらうどん

Imgp3233

その昔は客が畑から葱を抜いてきたという伝説のあるセルフの店に行ってまいりました。レンタカーで探したのですが、目立たない佇まいのため、発見に一苦労。一度判ってしまえば苦労しない立地なのですが。

Imgp3231

この葱畑が例の葱畑なのでしょうか?私が訪問したときは葱を切ることもなく、多少の予習で初セルフのうどんとご対面できました。

Imgp3232

麺がピチピチしていて、これは旨いです。一玉ならスナック感覚でサラッと行けちゃいますな。一日何軒もハシゴも苦ではないかも。

Imgp3235

「 冷たいうどん+熱だし」を食べました。麺の微妙な柔らかさというかほぐれ方というかが、いいですね。

(い)

| | Comments (4)

« January 2007 | Main | March 2007 »