« 長野県 上林温泉 「湯宿せきや」 | Main | 山形県 白布温泉 西屋旅館 »

雪崩&セルフレスキュー(搬送)講習会

Bottomline&日本山岳会共催のレスキュー講習会に参加しました。私たちは3月位までは主にスキー場で滑り、春にガイディッドツアーで山に入るというパターンなのですが、山の経験は夏しかなく、安全確保はガイドさんに大きく依存していました。これではいけないと。

本講習会は、11/19に新橋で行われた座学今回関温泉で行われたレスキュー講習、2月と3月に予定されているツアー形式の総合的な実地講習と一連の流れになっており、今回の関温泉ではロープやカラビナを使用した滑落や雪崩の危険地帯での確保、雪崩を想定した捜索・救出、怪我人の応急処置と搬送の大きく3つを受講しました。

いわゆる雪崩3点セット(アバランチビーコン・プローブ・スノーショベル)をやっと昨シーズン入手したばかりの私たちは、なべくら高原の雪原で基本的な捜索操作のトレーニングらしきものは行ってみたものの、リアルな状況を想定したものは初めて。まずはとにかく冷静になること、2次災害回避や、荷物はどこに降ろすべきかなど単なるビーコン操作の練習では考えもしなかったことが山ほど出てきて非常に考えさせられるものがありました。

怪我人の搬送は、ツェルトとスリング・ロープ・カラビナを使用して行う(スキーやボードでのそりではない)もので、数百メートルを移動しましたが、これもパーティの人数が少なかった場合や、距離が長かった場合、雪が深かった場合どうするかなど難しい問題です。なにも起こらないように行動できるのが一番ですね。

Imgp4413_1

Imgp4425_1

Imgp4437_1

Imgp4439_1

Nadare_1

(い)

|

« 長野県 上林温泉 「湯宿せきや」 | Main | 山形県 白布温泉 西屋旅館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 長野県 上林温泉 「湯宿せきや」 | Main | 山形県 白布温泉 西屋旅館 »