« 長野県 豊科 「黒豚つけうどんピーカーブー」 | Main | 初めてのリバーカヤック »

焼肉ライティングシステム

キャンプで炭火焼き物をするとき、大光量のランタンを使用しない我が家は、焼き具合の確認にヘッドランプを使っている。これはとても便利なのだが、欠点もある(贅沢な悩みか)。なんとなくリラックス感に欠けるのだ。
最近導入したのが、スポット光の懐中電灯をヒモで吊り下げるという方式。

Imgp2576

GENTOSのSUPER JUPINAというライトは、めちゃ光軸の狭い超スポット
Imgp2463

これをタープから斜めに下げると、丁度七輪の焼き面だけを「満月」のようにくっきり照らす。しかも、日亜の電球色LED「Jupiter」を使用しており、食材が白色のLEDで照らしたときより旨そうに見える。

取り付け道具は細引のみでかさばらず、地面で邪魔になることも無く、油煙で汚れることもなくと良い事尽くめなのだが、唯一の欠点は、風が吹くと光が揺れること。次の改良はいつになることやら。

もうひとつ欠点が。このSUPER JUPINA、照射範囲が狭すぎて、上記の焼肉用以外には全く使う気がおきません。元は何用だったのだろう。

(い)

|

« 長野県 豊科 「黒豚つけうどんピーカーブー」 | Main | 初めてのリバーカヤック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 長野県 豊科 「黒豚つけうどんピーカーブー」 | Main | 初めてのリバーカヤック »