« 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System | Main | 宮城の油麩 »

国分寺 「義蕎」

蕎麦屋と小料理屋の足して2で割ったようなお店。ラヂオキッチンの近くの路地にあります。
まずはスミイカの刺身ととシメ鯖、そして渡舟の生純吟。シメ鯖はややしっかりしまっていますが、なかなか。スミイカもつやつやねっとりしていていい感じです。細かく包丁目が入っていて食べやすい。
酒が減ってきた頃、白子ポン酢と天ぷらを。種はハゼ・アスパラ・ウド。白子は絶品。いままで食べた中でもベストではないでしょうか。。。天ぷらもそつなく旨かったですが、白子のほうが感動があったかな。
酒を雅山流に変え、そばと塩辛でフィニッシュ。蕎麦は田舎そば風の挽きぐるみを細打ちで。旨かったですがもう少し多いほうが良かったかな。でも国分寺駅周辺ではダントツでしょう。

酒はなべや清水さんからと思われ。

(い)

|

« 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System | Main | 宮城の油麩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System | Main | 宮城の油麩 »