« 焼肉ライティングシステム | Main | 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System »

初めてのリバーカヤック

Imgp2760

生まれて初めてカヤックで川を下りました。森の家のイベント。野田知佑氏を招いてみんなでのんびり川下りといった趣旨のものです。カナズチでちょと水が怖い私でありますので、リバーカヤックといっても激流系のクルクル廻っちゃう艇はとても手を出す気にならず。。。なのでありましたが、カヌーの水面スレスレの目線は大好き。
森の家には珍しいテント泊イベントというのにも惹かれました。

前夜祭
Imgp2846

そして翌朝
Imgp2880

ワンコもいていい感じではないですか
Imgp2899

すいすいと(江)
Imgp2900

野田さんは寡黙でダンディーな方でした。(い)の父親とほぼ同世代なのですよね。
また、カメラマンとして同行した村山嘉昭氏、最初はただの参加者と勘違いした私ですが、
この方の写真が素敵です。

http://river-stones.com  = オフィシャルサイト =

時折写真に埋め込まれたコメントも素晴らしく、
僕はもうすっかりやられてしまいました。

(い)

私信 しかも正方形ですよ!→Unicorn (謎)

|

« 焼肉ライティングシステム | Main | 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System »

Comments

野田さんとご一緒に参加された絵本作家 藤岡牧夫さんも、とっても素敵な方でした。野田さんとガクがモデルになった「笹船のカヌー」(小学館!)、おすすめですヨ。私もいつかあんな絵本が書きたいなぁ。
http://gf-haku.hp.infoseek.co.jp/

(江)

Posted by: (江) | October 17, 2006 at 12:09 AM

こんにちは。
トラックバック&リンクをありがとうございます。
それと、イベント当日に見せていただいたティッピ型テントも素敵でした。
初めての「リバーカヤック」だとのこと。
イベントでは距離も短くて、“川旅”というには物足りなかったかもしれませんが、もし今度機会があれば、キャンプ道具を積み込んでのカヤックでの旅も面白いですよー

Posted by: むらやま | October 18, 2006 at 11:03 PM

私信ありがとうございます(ですよね?)。
さっそく村山嘉昭さんのサイト、拝見しました。
確かに正方形ですね~。
素敵な写真ばかりでくらくらしてしまいました。透明なまなざしが一枚一枚から伝わってくるようです。これこそ「写真」家のおしごとですね。写真「まがい」の平面作品を作っている私から見ると、素直に素晴らしいです。
それに文字の入れ方も素晴らしい。このまんま本になりますね。私もすっかりヤラレました。
私が自分のブログに入れる写真を正方形にしたのは、もともとはてなの制限いっぱいに写真を見せたいという技術的な理由だったのですが、すっかりそれが定着して、制限がないflickrの写真まで正方形にしています(笑)。長方形も好きですが。

Posted by: STUDIO UNICORN | October 19, 2006 at 01:42 AM

(い)さん、みなさん、こんにちは。
2~3年前に野田さんにお会いした時に想像していたよりお歳を感じ、寂しいというか止められない次代の流れを感じました。。。

村山氏のHP拝見しました。
随分前ですが小生も66の世界に魅せられて一時のめり込んでしまいましたが結局自分のモノにはならず断念しました。。。

Posted by: joxter | October 19, 2006 at 07:56 AM

村山さん、コメントありがとうございます。
カヌーでずっと川を下って、時には道からアクセスできないようなところで野営。。。いいですね!今回下った区間のような、沿岸を数え切れないほど車で通っているような場所でも、水面から見た景色はとても新鮮で楽しかったです。ティピィの事、もし興味がおありなら何でも訊いてください。それでは、またどこかでお会いできる事を楽しみにしております。

(い)

Posted by: (い) | October 22, 2006 at 10:10 AM

StudioUnicornさま、というかよっちへ。
僕はてっきり、ケンナの影響がなにかあるのかと勘違いしてたよ。単純な連想でスンません。
そういえば、今まで話したことは無かったかと思うのですが、10年以上前にA twenty year retrospective (納戸で冬眠中~トレヴィル版:1995年第2刷)に魅了されてしまった時期があり、ジャケットのオーロラの写真のテイストが(当時の私には)似ている様に感じられたという理由だけで、
「All those born with wings」 http://www.ecmrecords.com/Catalogue/ECM/1300/1324.php
を買ってガルバレクを初めて聴いたという事がありました。中の音も、またピッタリな嵌り具合というか上の写真集の為に作曲したと言われても信じちゃいそうですよね。
ちなみに、そのCDの楽曲が家庭崩壊系の昼メロに使われてた事があって超怖かったです(笑)。

Posted by: (い) | October 22, 2006 at 10:39 AM

joxer様
お返事遅れました。最近また更新が滞りがちであります。私はカメラはもっぱらメモ的な記録用で、防水コンパクトカメラしか持っていないのですが、視線を捕らえて離さないような(他の方の撮った)1枚に出会うたびに、写真もいいなあと思いつつ、思っただけで終わっております。。。あはは。

(い)

Posted by: (い) | October 22, 2006 at 10:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 焼肉ライティングシステム | Main | 七輪ストーブ in Kifaru Tipi System »