« 初めてのリバーカヤック | Main | 国分寺 「義蕎」 »

七輪ストーブ in Kifaru Tipi System

キファルーのような薪ストーブ内装可能Tipiは、冬場の外気温が非常に低い状態でも体の芯から温まることが可能で、その威力は体験しないと判らない凄さがあります。暖かい季節、主に寝室の機能を果たしていたティピーは、(だって、外にいた方が気持ち良いですからね)寒冷期では、リビングを兼ねる訳で、そのためには事情の許す限り大き目のサイズだと快適です。もちろんバックパッキングならば、大は小を兼ねないことは言うまでもありません。
付属のストーブはステンレスの薄板を組み合わせたもので、シンプルで機能的です。しかしここで、ムクムクとわがままな考えが。。。
「なんか侘び寂びに欠けるなぁ」(笑)と。
一体何ならワビサビなのかというとやっぱり焚き火か七輪かと。
で、くっつけてみました。キファルウストーブの天板&煙突と鍵主工業製の長七輪を。

合体後の雄姿
Imgp2964_1

この時泊ったのは、裏磐梯ママキャンプ場
Imgp2980

新婚当初、松戸に住んでいたときずいぶんとこのキャンプ場に通いました。ちょっと荒涼とした景色がたまらないのですよね。日本酒メインになる前、キャンプといえばタリスカー10年をチビチビが定番の時期がありましたが、まさにこの風景にピッタリです。

一夜明けた合体ストーブ。
<「一見フランスパンに見えるもの」は、何でしょう?答えは、後日の記事で>
Imgp2985

七輪ストーブと勝手に命名しました。これは具合がいいです。

1.和める外観、和の心
2.気のせいかも知れませんが、薪の燃費が良い
3.長い薪も入る(キファルーの大きなサイズのストーブでも同じですが。。。)
4.蓋をずらして網を載せれば炭火焼もできる
5.しかも、油煙はドラフトにより、下引きされあまりティピー内には充満しない
  (ゼロではありません)

デメリットは大きい・重い、それに尽きます。


さらに数週間が過ぎ、・・・・・・・・・・・・・・
東急ハンズで銅板を加工し、煙突との接続部を含む専用の天板を拵えました。

ハンズからブツが上がってきた翌週、焚き火大好きな友人夫婦Kとビブリッジに。Kさんたちは、キャンプは新婚以来。しかしバーベキューは良くやっているらしく、火器はむしろ我が家より充実していました。
Imgp3023

サイズがピッタリになりました
Imgp3036

Imgp3034

なんと、この時キファルウそれも同じ8man Tipiが同じ草原に居るではないですか!・・・
Imgp3033

昨秋、Kifaruの記事でコメントいただいたjoxerさんが、偶然同じ週末にビブリッジにやってきていたのでした。場内は空いていたので、普通なら見えないくらい離れたところに張るのが一般的なのですが、うれしくなってしまった私は50mほど離れた(ビブリッジではすぐ隣に感じられる)に並べて設営し、日本では珍しいキファルーが2張り並んでいる絵を堪能しました。
joxerさんとその連れの方々は、ティピー以外は、焚き火を囲んで小型の山岳テントが点々と・・というスタイルで
何か、いい感じです。しばし、山やらキャンプやらアウトドアやらのお話をしましたが、話が合いすぎて怖いくらいでありました。。。
joxerさんのサイトは、Tipiの外、Moss Parawing, Byer Maine Lounger, Voyager Cotという布陣で、ドッペルケンガーとはこのことかと感心。しかもMoss Olympicのユーザーでもあるようでした。

(い)

|

« 初めてのリバーカヤック | Main | 国分寺 「義蕎」 »

Comments

もしかして、日本のあの乾いた食物でしょうか。>フランスパンちっくなもの

Posted by: panda | October 23, 2006 at 12:13 AM

PANDAさん、いいカンしてますね!さて、日本のどの地方の乾いた食材でしょう?

Posted by: (い) | October 23, 2006 at 09:30 PM

出た七輪ストーブ!(笑)
成る程こういう経緯があってあの完成型があったのですね。アイディアマンの(い)さんに脱帽です。m(_ _)m
あ、向こうによれよれのTipiが…(涙)

Posted by: joxter | October 24, 2006 at 07:09 AM

JOXTERさんこんにちは!
七輪がやけに好きでULTRALIGHTなスタイルにやや憧れつつも、結局HEAVYな装備になってます。
そもそも移動が車だし。。。。

そうそう、カーボンステーが折れてしまったLUXURY LIGHT GEAR UL COT、OD-BOXさんのご好意により無事復活しました。今週末早速使う予定です。

Posted by: (い) | October 25, 2006 at 01:20 AM

(い)さん、はじめまして!
ティファルーで検索していてたどり着いた、アウトドア好きの4●歳のgo_kotといいます。

(い)さんのアウトドアライフは、グッズを厳選されていて、拝見していて「なるほど」と思うことしきりです。ブログ楽しみにしていますので頑張ってくださいね。

そこで、ちょっとお聞きしたいのですが、ティファルーはどうやって手に入れたらよいのでしょう?英語も分からないし日本での輸入代理店のようなものもなさそうですし…

入手方法を教えていただけると嬉しいです!

Posted by: go_kot | October 30, 2006 at 12:07 AM

先ほどのgo_kotです。

ティファルー ⇒ キファルーでした(恥)

Posted by: go_kot | October 30, 2006 at 12:09 AM

go_kotさん
はじめまして!
私は、米国在住の友人(日本人)が結婚式を挙げに来日するのを捕まえて、お願いして買ってきてもらいました。現地では通販で入手したそうです。ちなみにラグジュアリーライトのULコットもその時一緒に買って来てもらいました。これではあまりお答えになってないですね。。。
コットのほうはご存知のように、快速旅團さんやOD-BOXで扱ってますがキファルウは個人輸入しか手がない状況だと思います。
この記事にもコメントを頂いているjoxterさん(うさログ右側にリンクアリ)は、直接米国にオーダーされたようです。先方の対応も良い感じですので、トライしてみるのもまた良いのではと思います。
しかし、こんないいものどうして誰も扱わないのかな。ちょっとお値段が高いからか・・・?
もう少し安かったら各種サイズを買ってしまいそうで怖いです。

Posted by: (い) | October 30, 2006 at 10:29 PM

(い)さん、こんばんは。go_kotです。
ご回答ありがとうございました。

そうなのですか、ご友人に。。

>この記事にもコメントを頂いているjoxterさん
>(うさログ右側にリンクアリ)は、直接米国に
>オーダーされたようです。先方の対応も良い感
>じですので、トライしてみるのもまた良いので
>はと思います。

ですね。
なせばなる。なさねばならぬ何事も!ですね
トライしてみようと思います。

これからもたびたび寄らせていただきますので、
よろしくお願いいたしますね。

また、無事入手できたら使用感なども(ご存知
でしょうが。。)カキコさせていただきますね。

Posted by: go_kot | October 30, 2006 at 11:05 PM

こんにちは。
いやあ、凄い! 七輪に Kifaru Stove を合体させたとは。
このアイデアが、やっぱり日本人ならではだと思うんですよねえ。
新潟三条市のチタン加工業者で、フォールディング薪ストーブやその他のアウトドアグッズを作ろうって言う中小企業の方いらっしゃいませんかねえ。
Bivyに持ち込める、超小型ヒーターのアイデアがあるんですが、、、、

Posted by: カワサキ | January 24, 2007 at 03:35 PM

カワサキさんはじめまして
カワサキさんの紹介記事を見てKifaruを知りました。ご本人からコメントを頂けて光栄です。

#新潟三条市のチタン加工業者
世界に冠たる金属加工技術の集積地なのですから、ぜひとも期待したいですね。Kifaruストーブもいい意味でラフに作ってあり、現場での直しも含めて故障には強そうですが、できれば手袋なしでスパッと組める精度と仕上げのものが出現すると嬉しい。煙突は難しいでしょうが。
超小型ヒーターも期待しています。仮にオーソドックスに燃料が燃える方式のものだとすると、小型化すればするほど燃焼温度の維持が難しくなるでしょうから、七輪みたいな断熱・蓄熱構造の方が有利かもしれませんね。でも小型化に反するか。。。
脱線しますが、スペースシャトルの断熱タイルは比重がとても軽いと聞いたことがあるのですが、そういう素材で七輪がつくれれば蓄熱性を多少犠牲にしてでも軽くなって良いなと良く思います。

Posted by: (い) | January 25, 2007 at 12:01 AM

Anyone who saуѕ that Facebook, Twitter, My - Space, and stuff lіke tҺat can be a 'trend' ѡhich wіll ѕoon pass іs not steering you insіde right direction. We diɗ а project foг ɑ mortgage company in United States; and іn many сases tҺe word "mortgage" is translated in 3 waƴs in Chinese, աhich can be confusing. Just liκe, whօ wikll bbe the audience youu finding tɦe time reach and ѡhat is better best option աith reaching іt.

Posted by: Raquel | October 10, 2015 at 06:20 AM

What i do not realize is in fact how you are no longer actually a lot more well-preferred than you might be right now. You are very intelligent. You realize thus considerably with regards to this topic, made me in my opinion consider it from a lot of various angles. Its like women and men aren't interested unless it's something to accomplish with Lady gaga! Your individual stuffs nice. All the time deal with it up!

Posted by: bio diamond serum | October 10, 2015 at 09:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初めてのリバーカヤック | Main | 国分寺 「義蕎」 »