« いも吉館 「フライドポテト」 | Main | 堀田さんと行くHUT to HUT スキーツアー 2日目 »

堀田さんと行くHUT to HUT スキーツアー 1日目

さる土日に、森の家のイベントでまた関田山脈にスキーに行ってきました。コースはさかえ倶楽部スキー場から野の海池経由で菱ヶ岳に登り、キューピッドバレイスキー場に下山して一泊。翌日はキューピッドバレイゴンドラ終点から関田山脈の稜線を越えて、トラバース気味に森の家に降りるというコースだ。

森の家の駐車場にて
Imgp0004

当初の行程を逆に辿る事となり、さかえ倶楽部へ。ゲレンデガラガラ。
Imgp0009

それにしても今日はいい天気です。
Imgp0017

貝立山を巻いてしまうと、野の海池までは散歩道のようなゆったりした登り
しかし地形は分かり難く、ガスが出ると要注意ですね。

Imgp0027

野の海池にて。
Imgp0047

Imgp0049

Imgp0063

野の海池奥の湿原の縁にて昼食。ぽかぽかですー。
Imgp0071

県境を菱ヶ岳に向かう
Imgp0082

Imgp0115

菱ヶ岳山頂にて。越後の山から、志賀、妙高、火打、遠くアルプスも望む絶景
Imgp0120

参加者は割りと、というかかなり少なく県内近県(新潟長野)以外で参加したのは主催の堀田貴之さん以外は我々だけであった。森の家の他のツアーと同じくこのツアーもまた、参加費用が安く抑えられており、非常にお得だと思うのだが、それにも関わらず参加者があまり多くなかった理由を個人的に考察してみた。

・森の家の殆どの冬イベントは、服装以外特別な道具が要らないものが多い。
  (スノーシュー・クロカンスキーを使うことがあるが、レンタルがある)
・年1~2回の山スキー系のイベントは例外的に滑走装備とそこそこのスキルが前提となる。
・テレマーク・山スキーなどの装備を持っている人は、スノーシューや散歩などがメインの森の家の
 イベントをチェックしないので、ツアーの開催に気づかない。
・(森の家のメインの客層と思われる)スノーシューや雪上散歩メインの方にとっては、装備・行程
 両方でハードルが高い。

果たして当たっているかどうかはわからないが、なかなか難しい問題だと思う。

Imgp0136

(い)

|

« いも吉館 「フライドポテト」 | Main | 堀田さんと行くHUT to HUT スキーツアー 2日目 »

Comments

Cheazp Warriors Jerseys Whoslesale Cheap Hawks Jerseys tɦe Ьest pгices for yοu Cheap Warriors Jerseys

Posted by: Cheap Warriors Jerseys | June 18, 2015 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いも吉館 「フライドポテト」 | Main | 堀田さんと行くHUT to HUT スキーツアー 2日目 »