« 北海道 ニセコ 高木山荘 | Main | 八幡平でもふもふ(その2) »

八幡平でもふもふ(その1)

ニセコから八戸経由で八幡平に移動。新幹線で来た(江)と合流しました。平日の八幡平スキー場は殆ど人を見かけず、多分20人くらい。その人たちも半分くらいは結局ゲレンデ外へと消えてしまい、チャンピオンコースやイナズマコースは、特に1月26日は超軽い腰パウだったのにもかかわらず、競争率ゼロ。ただし、上部は強風。

ゲレンデど真ん中
IMGP6835

翌27日は、8PGのガイドで屋棟岳へ、ほんのちょっとだけしかハイクしない楽勝コースです。

ドロップポイント
IMGP6844

ひろーい面ツルパウダー
IMGP6847

このゲレンデ、平日はレストハウス食堂も営業していない。ストーブは燃えていて、皆持参の物を食べて暖をとっていた。いやー、平日でも海外からのスキー客がわんさかいるニセコとは全然違う静寂さでびっくりしましたよ。

IMGP6853

(い)

|

« 北海道 ニセコ 高木山荘 | Main | 八幡平でもふもふ(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 北海道 ニセコ 高木山荘 | Main | 八幡平でもふもふ(その2) »