« August 2005 | Main | October 2005 »

新潟県 新発田市「ホテル78」

IMGP5618

ホテルセブンエイトと読みます。新発田駅前の商店街に面したビジネスホテル。入り口が怪しいです。駐車場への通路の横の引き戸みたいな自動ドアがエントランス。

IMGP5613

なぜかその横にはプラスチックのかごに大量のスリッパが。。。。
ロビーはここから階段を上がって2階ですが、その階段の上り口には大浴場の入り口が。つまり、ホテルに入る人はロビーに到達する前に脱衣所入り口の前をまず通るわけです。

「B級な旅情」満喫できます。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アサヒビール 「酵母ナンバー111」

IMGP5787

限定醸造の「酵母ナンバーシリーズ」というのを酒屋で見かけたので買ってみました。4種類あるようです。
酵母ナンバー111は「麦の香りを引き立たせ、なめらかな味わいを演出する酵母です」との事。呑んでみた感じでは、(日本で)普通のピルスナータイプのビールですが、非常に柔らかい味で、ちょっとだけヴァイツェンのようなフルーティーな感じも受けました。しかしながらそれも非常に控えめで、よく言えば上品、しかし、ちょっと印象が薄いところもあるかなーというのが個人的な感想です。同じメーカーのスーパードライとは全然違う方向性ですね。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新潟県 新発田温泉「あやめの湯」

新発田市近郊の公営日帰り入浴施設。やや茶色みがかった塩辛い湯です。残念ながらその前に入った新津温泉のインパクトが強すぎ印象薄。駐車場には足湯などもあり、なかなかよいのですが。
IMGP5612

温泉近くのコンビニで見かけた犬。
IMGP5611

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟県「新津温泉」

アブラ臭ファンの間では聖地?といわれる温泉に行って参りました。スーパーの付近の「まさかここに!」というような場所にあります。敷地は加温に使う廃材がうずたかく積み上げられ、知らなければここが入浴施設とは。。と思う人が多いのではないでしょうか。

温泉は、淡く濁った緑色で、文字通り、灯油のような臭いがします。まさに灯油そのものという印象で、これは今まで訪れた「アブラ臭」といわれている温泉とも際立って違うと感じました。

IMGP5606

浴槽は、脱衣所とガラスの引き戸で仕切られ、素朴そのもの。すばらしい泉質を抜きにしても、鄙び加減でも特筆すべき施設だと思います。

IMGP5607

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

新潟県 咲花温泉 「いろりの宿平左ェ門」

阿賀野川の河畔に佇む、静かな趣の温泉街。あまりに東京から遠いため、この辺りは土地勘がありません。カーナビを頼りにたどり着きました。
ちょうど、先客は出た後で、悠々と流れる河を望む半円形の湯船は貸しきり状態でした。

IMGP5599

半円の縁からは透き通った淡い緑の湯が静かに溢れています。源泉を口にしてみると、やや苦味のある味で、硫黄臭。アルカリ性の硫黄泉で、志賀高原熊の湯の湯をやや淡白にしたような印象でした。昔は緑の湯なんて殆ど知らなかったのですが、最近なぜか遭遇頻度が上がっているような気が。。。
それはともかくとして、このお湯は好きです。
露天もあります。

IMGP5598


(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

千葉県成田市「旬食酒ダイニング くすくす」

IMGP5676

ブラジル料理と日本各地の地酒が同時に楽しめるという摩訶不思議なお店。お酒の品揃えは非常に多く、十四代や、黒龍、義侠といった評価のすっかり定着した酒から、南や飛露喜といったここ数年で全国区に出てきた酒、はたまた田酒や八海山のような歴史あるブランド酒、また楯野川のようなごく最近の注目酒までなんでもありです。

対するフードメニューがポンデケージョや、黒豆と豚肉の煮込みといったブラジル料理を初め、各国の様々な料理。
これは楽しい店です。料理はどれもボリューム感たっぷりで、良心的と感じました。

巨大な白身魚のフライ。1個が握りこぶし大。
IMGP5674

国際都市という、成田の側面も胃袋で感じた次第。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成田の命泉「大和の湯」

成田市中心部の北西にある日帰り入浴施設。数年前に訪れた時は素朴でしたが、再訪してみるとすっかりリニューアルして、今風の癒しをテーマにした施設に変わっていました。ロビーにはミニバーが合って、ミネラルウォーターやビル・地酒はたまたワインまでオーダーできるようになっています。
温泉施設は内湯が通常の温泉浴槽とさら湯(井戸水)のジェットバス一つずつ。比較的大きな露天が1つと、展望サウナがあります。三つの浴槽とも加熱半循環との表示がありましたが、温泉浴槽は結構浴感を感じ、温泉の少ない千葉ではなかなかだと思いました。泉質は比較的塩辛い黒湯で、ヌルすべ感があります。また、匂いが独特だと思いました。海の香りの「塩の湯」は結構ありましが、ここのは個人的には「蟹を食った後の手を嗅いだ様な匂い」です。。。私だけスかね。。

なかなか風情ある黒湯の露天
IMGP5667

内湯はシンプルな造り。
IMGP5670

ヨード。臭素など含有されてますの表示が。
IMGP5672

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まるか食品「ぺヤングヌードル」

IMGP5662

コンビニでぺヤングヌードルなるものを発見し、買って来ました。自宅の近くではぺヤングといえばソース焼きそばしか見かけることが無かったのですが、こんなのも作ってたんですね。パッケージは素朴な感じです。派手派手なパッケージのカップめん全盛の今では、却って棚で目立っていました。

IMGP5663

ふたを開けると、なんともB級感あふれる感じです。チキンラーメンに通じるものがあります。味も、チキンラーメンが最も近いかな~。

IMGP5664

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国分寺 「吉田屋」

家の近くの庶民的定食屋さん。なぜだか、新鮮レバ刺し(そういう名前のメニューなんです)がメニューに常時あり。

IMGP5660

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

新潟県内最古の木造列車

IMGP5581

加茂市の冬鳥越スキー場に展示されていた客車。(い)が子供のころ、床が木の列車に乗ったのを良く覚えていますが、これはそれより更にクラシックな代物。

のどかですねえ。日本ではないような感じ。
IMGP5584

車内は閑散としていました。
IMGP5586

天井も木貼り。ランプはクラシック。
IMGP5587

つり革の上は欄干みたいな意匠。
IMGP5588

運転台。路面電車チックです。
IMGP5589

それにしても、このこじんまりしたスキー場の名前。
「冬鳥越」可愛い名前だとおもいませんか?

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

新潟県栃尾市「福助食堂」

栃尾といえば油揚げ!最近はスーパーでも見かけるようになって来ました。

(い)はお恥ずかしいことに数年前まで「栃尾」がどこにあるかよくわかってませんでした。湯之谷村の栃尾又温泉のあたりかな~なんて思ってたわけです。「道の駅R290とちお」は観光客で大混雑。油揚げを売る露店には長い行列ができていました。あまりの混み具合に閉口し、街外れの中華料理屋へ。

やはりというか、ありました。「油揚げ定食」。ラーメンと迷いましたが、2個たのむと晩飯に差し支えそうなのでここはやはり名物を。
すると、運ばれてきたのはラーメンと油揚げと丼飯!油揚げ定食とは「ラーメン定食+油揚げ」の事だったらしい。。。

何か沢山運ばれてきたぞ?
IMGP5578

ラーメンは鰹だしが効いている和風の趣のあるもの。麺は白っぽくてうどんと中華麺の中間のような感じです。これに揚げを浸して食うとなかなかオツでした。どれも美味しく、結局ドンブリ飯含め完食。ラーメンにドン飯付けてくったのは何年ぶりだろう→自分。

ここは冷やしラーメンも名物のようです。冷やしラーメンとは山形でメジャーな、冷たい汁そば。ラーメンがそのまま冷たくなったようなものを(油が固まるのでスープは各店工夫している)想像していただければよいと思います。この鰹味のさっぱりスープは結構合うのかも。

(い)

| | Comments (37) | TrackBack (0)

365日信州野遊び宣言

IMGP5575

冬の間お世話になっている「なべくら高原自然の家」が信州毎日新聞社から本をだしました。「なべくら高原自然の家」は身近な、そして日本の風土にあったアウティングを非常に良心的な価格で提供している施設で、オペレーションもしっかりしており、頭が下がります。
我が家はもっぱら冬の間利用させて頂いていますが、なべくら高原周辺はいわゆる「人里」としては日本一の豪雪地帯で、非日常的な体験には事欠かない所です。特にスノーシューには向いたフィールドなのではないかと思います。
このほんの正に冒頭「4月1日」の「ケツぞり大作戦」に(い)と(江)がでております。それを言いたかっただけなんですが(笑)。

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Woodstock

IMGP5574

五日市街道、武蔵小金井北にあるステーキとハンバーグのお店。TVチャンピオンで優勝したらしいです。このお店の特徴は炭火での網焼き。そしてハンバーグがスティック状です。またデザート類まで自家製なのも特筆できます。

(い)はハンバーグとカルビ焼きのセットを頼みました。カルビ焼きはあらかじめタレに漬け込んだのを焼き、温度玉子に漬けて頂きます。ハンバーグは良い肉を使っていて印象的でした。カルビ焼きも美味しかったのでが自分にとっては焼肉店やキャンプで自分で焼くほうが醍醐味があってしっくり来ます。

IMGP5573

デザートに柘榴&ラズベリーと巨峰の自家製シャーベットを頂きました。その後、(い)は紅茶で締めましたが、この紅茶もこの種のステーキ店では例外的といっても良い美味しさで、バランスの取れたお店だと思います。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カンティヨン・フランボワーズ (ランビック)

IMGP5568

IMGP5569

ブリュッセル近郊特産のフルーツビール「ランビック」です。日本の店頭ではベルビュー醸造所の物をよく見かけます。こちらは、カンティヨン醸造所のものですが、ベルビューのものが非常に飲みやすい現代的な?味に纏まっているのにくらべ、こちらは酸味も強烈で個性豊かです。両者の物は平均的な熟成期間も違い、ベルビューがインターブルー社の傘下に入り大量生産に移行したのに対し、カンティヨンは家内生産的な体制を続けているなど対照的な銘柄となっています。
どちらも小西酒造さんが輸入しています。先見の明を感じます。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

壱岐っ娘 Deluxe

IMGP5566

麦焼酎の発祥の地と言われる壱岐の焼酎。WTOで原産地呼称保護の対象になっています。このお酒はシェリー樽で5年以上熟成させたものです。九州の同様な長期樽熟成品とくらべると、定価での入手が容易なのが健全で良いと思います。シェリー樽熟成の割にはドライな印象の酒でした。

IMGP5567

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東酒造 「東蔵」

芋焼酎って(い)の味覚ではどれを呑んでもそれぞれそれなりにおいしくてうまくコメントできない(つまりよくわかってない)のですが、これは2年くらい前に買ったお酒。やっと空きました。つい日本酒に走るからなのですが。。。
味は?美味しかったですよ。。。コメントになってないなあ。。。

西酒造の次は東酒造というネタということで勘弁願います。

IMGP5564


IMGP5565

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海を越えた猫

ジャカルタで保護され、今はシンガポールで暮らすInternational Catであります。もともと野良さんだったとのことですが、大きな耳といい、目の色といい、なんて美形にゃの!!

cat


(江)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

SKYPEを始めてみました

フリーのネット電話、スカイプを使用してみました。

サンフランシスコの友人が結婚のお披露目を日本で行うことになり、事務連絡に薦められたのですが、名前こそ聞いたことあれど中身はようわからずという状態。。。。忙しかったこともあってほっぽってあったのです。

そこへ、週末に別な友人夫婦の来客。

焼肉パーティを企画していたのですが、PCを持ち込んできていて、回線を借りてSKYPEでチャットして良い?と訊かれました。それなら我が家のPCを使って、ついでに教えて!ということでその夜は、シンガポール・サンフランシスコと順次繋いでのSKYPE NIGHTとなったのでした。

良好な音質で通話するには

・マイクが口に近い
・マイクがスピーカーの音を拾わない

必要があることがわかりました。ノートPC内蔵マイクとスピーカーではちょっときついかもしれません。ヘッドセットがあると便利かも。

我が家は、外付けマイクとリビングのステレオのスピーカーでカンファレンスコール状態でしたが、概ね良好でした。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

西酒造 「天の魅惑」

とても口当たりのよい、デザートのような芋焼酎。冷凍庫でウォッカのように冷やして頂くと、とろりとして、でも味はスイートポテトのようで、危険な酒です。

IMGP5553

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

国分寺 「Roof」

IMGP5559

国分寺北口、パークレーン付近にあるカフェ兼ギャラリーです。シンプルながら絶妙な味付けのフードメニューはつい杯が進んでしまい、もっぱら居酒屋としての利用しかしてません。。。ドリンクは豊富で、アルコールメニューでは各種カクテル、スコッチ、バーボンなどの他、テキーラ・ラムなども数種ずつ揃えています。ショットバーのようにとにかく無数に酒が揃っているのとは違いますが、厳選したなと思わせる品揃えで、しかもマニアックすぎず値付けも良心的で感心してしまいました。

IMGP5557

個人的には、随時入れ替わりの様々なタイプの日本酒1種(現在は司牡丹と酔鯨の辛口系2種)とやはり随時入れ替えでよいのでベルギービール1種を加えてくれると嬉しいなと。

(い)

| | Comments (21) | TrackBack (0)

エースコック 太平燕

熊本旅行の際に市内で購入。太平燕とは、熊本では非常にメジャーな、春雨を燕の巣に見立てたスープ料理です。

カップ太平燕の味は、まあまあといったところでしょうか。春雨があまり自己主張しないだけに、具の良し悪しがラーメン以上に重要と個人的には感じたのですが、カップ麺だと具材は乾燥かレトルトになるので、特に野菜など、不利ですね。カップのタンメンをあまり見かけないのもだからなのかな。。。。

IMGP5552

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第30回リアルチープマーケット

恒例の目白某ショップのセールに突撃!散財!
以前にレポートした夏物セールのリラックマを一部手直ししただけのお手軽なPOPだ。

IMGP5554

IMGP5555

平日だと言うのに、開店と同時に人がなだれ込む。これまでも半額当たり前だったが、今回は30回記念で、くじに当たるとさらにそこから3割引に!

今回はLEDヘッドランプ、GO-LITEの超軽量シェル、パタゴニアR5、ゴアのシェルパンツ・等々を調達。
平均45%オフで雲万円相当を散財してしまいました。

IMGP5560

くじには?外れました。。。

(い)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

群馬県 応徳温泉 くつろぎの湯

IMGP5544


野反湖でキャンプした帰りに入浴。六合村の道の駅に併設されています。この道の駅は、その先の野反湖が行き止まりのせいか、ずいぶん閑散としていました、がんばれ~。
さて、温泉ですが道の駅と併設というものの、地元の憩いの場的な鄙びた施設です。浴槽は内湯がひとつとシンプルで、笹にごり~白濁の湯が掛け流しとのこと(湯船フチからの排湯ではないように見えた、脱衣所の張り紙より)。投入されている湯を口に含んでみるとかすかな硫黄味。この日の湯温はぬるめで、リラックスできました。

IMGP5548

尻焼温泉とか湯の平温泉などの有名どころに囲まれていますが、なかなかにいい湯で満足。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ORVAL

瓶がカッコよいのでついでに(ORVAL好きの皆様ごめんなさい!)買ってしまいました。でも、この寸胴のフォルムといい、ラベルの位置といい、妙に惹かれるんですよね。

IMGP5540


(い)

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Duchesse de Bourgogne

(い)はDuchesse de Bourgogneを選びました。ローデンバッハが好きなもので。でも最近はつい日本酒に行ってしまうせいでベルギービール自体ご無沙汰です。

IMGP5538

酸味の強いビールですが、そんなにきつい感じはありませんでした。クリーク類がいける人なら試してみても良いかも。

(い)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Hoegaarden Grand Cru

丸井でベルギービールフェアをやっており、まんまとひっかかって購入(笑)。(江)が最も好きなビールのひとつがこのヒューガルデンのフツーの奴なのです。小麦白濁系が好みなようで。。。Grand Cruはラベルもピカピカしていてなんとなく高級感あり。

IMGP5536

普通のヒューガルデンは爽やかなバナナ様の香りがするのですが(なんとなく個人的にはそう感じる)、こちらはちょっと焦がしたような、クレームブリュレの表面みたいな甘い香ばしさがあるような感じがします。色も少し茶色っぽいし。

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ジンダリー シャルドネ

丸井で950円で買ったワインです。安い割りに旨かったので続けて何本も買ってしまいました。
果実味爆発。でもちょっとスパイシー。南の島のリゾートホテルの木陰(妄想)とかで頂きたいような味です。
「グビッとな」って感じで。

IMGP5541

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホグロフス WATATAIT 防水バッグ

IMGP5533

普段カヤックなどするわけでもないのに、ハイエンドの防水バッグを買ってしまいました。用途は山に行くときのインナーバッグ用兼、豪雨で出勤せざるを得ないときのPC保護用です。特徴はエアエスケープバルブが装備されていることと、透明な窓があること。バルブは山に行くときの衣類圧縮に効果を発揮しそうです。買ったばかりでまだ試してませんが。。。。
透明な窓は、中身の確認のほかPCを入れている時には、袋から出さずに職場のセキュリティーチェックを受けられる(通過できる)という思わぬ利点が。。。俺だけか。

窓とバルブ
IMGP5534

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MSR ドラゴンフライ

我が家で3台目のガソリンストーブです。
初代はレア機のオプティマス323。これを購入したのは中学生時代で、いつしかご臨終してしまいました。
次はコールマンピーク1Feather 442 。誕生祝に貰ったものですが、新潟のキャンプ場で紛失してしまいました。ゴメンナサイ~。

ヤカンが小さいので焼き網をかませたら風防が。。。(笑)
imgp54521

さて、ドラゴンフライに関してはもう語りつくされている感がありますが、やはり音は賑やかです。でもこの音が道具感(働いてるぅ!)という感じがあって好きかも。大きな安定感のあるゴトクといい、スムーズな火力調節といい、安心感のある頼れるストーブです。現在はこれと超小型のガスストーブ(セールで安さにつられたPrimsP111)を使い分けてます。

(い)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

東京都三鷹市 「HIDARIMAKI」

友人夫婦に教えてもらい、三鷹阿波踊りの時に訪問しました。なんのお店かというと、ベトナム麺の専門店です。こんな店がでてくるとは、三鷹あなどれず!

imgp55321

imgp55291

imgp55311


(い)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2005 | Main | October 2005 »