« 静岡県焼津市 「赤兵衛」 | Main | 三保海水浴場と渡し舟 »

1954 Bikini Means いのちの黙示録

サンライフ焼津のロビーに貼られたポスターをみてふと訪れた展覧会。夜9時から翌日の同時刻まで魚市場を借り切って24時間ノンストップで、核と平和についての様々なアートを展示するというイベントです。
そう、焼津はビキニ環礁の水爆実験で被爆した第五福龍丸の母港なのです。
ちなみに、この時使用された水爆「ブラボー」は15メガトンで広島型の1000倍の破壊力があるという代物。

そこだけ煌々と明るい魚市場
IMGP5395

ゴジラが上映されていました
IMGP5402

既に深夜で壁面展示には人影まばら
IMGP5406

魚市場のコンクリの壁にスクリーンを設置して、各時代のゴジラを一晩中上映していました。ビキニの水爆実験が「ゴジラ」をつくられるきっかけになったそうです。すぐ近くに黒々と揺れる水面と、生暖かい海風を感じながら殺風景なコンクリートの壁に大画面で映されたモノクロの「ゴジラ」は異様な迫力と不気味さをもって迫ってきました。黒いコールタールのような水平線の向こうに怪獣はいないかもしれませんが、もっと怖ろしいものならいくらでもあるということを思い知らされます。

(い)


|

« 静岡県焼津市 「赤兵衛」 | Main | 三保海水浴場と渡し舟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/5398493

Listed below are links to weblogs that reference 1954 Bikini Means いのちの黙示録:

« 静岡県焼津市 「赤兵衛」 | Main | 三保海水浴場と渡し舟 »