« そば粉のクレープ | Main | 屋久島 千尋の滝 »

羽田空港第2ビル 「餉餉」

「ke-ke」と読むらしいです。「げげ」かと思ったが違った。
先日早めの夏休みで、両親と屋久島に行って参りました。というわけで、しばらくは屋久島シリーズが続きます。

東京から屋久島に行くにはいくつもルートがあり得ますが、早くかつ一般的なルートは、

# すべて飛行機を使用する
# 羽田空港>鹿児島空港のりつぎ>屋久島空港

# 鹿児島からトッピーを使う
# 羽田空港>鹿児島空港>鹿児島フェリーターミナル>宮之浦フェリーターミナル

でしょう。

我々は今回は飛行機を使用しました。出発が平日だったので、通勤ラッシュを避け、かなり早めに羽田空港に着いたのですが、朝食&時間つぶしに重宝なのが、空港第2ビルの「餉餉」。

自然食をうたう、バイキング形式のレストランです。朝一番は和食系のおかずが多く、ちょっといいホテルの朝食バイキング和食版のような感じです。各種のお茶や、コーヒー・ジュースも飲み放題です。この日は午前10時30分頃までいましたが、途中からメニューが徐々に入れ替わりだし、パスタや揚げ物も登場しました。

席間はかなりゆったりしており、テーブル席の一部と窓際のカウンター席全席には、モバイル用のコンセントが備わっています。

ところで、バイキング料金に唯一含まれていないのがアルコール類なのですが、2種ある日本酒が、醸し人九平次純米と、雑賀の純米吟醸というラインナップで、この割り切りには感心。屋久島到着後はレンタカーの移動になり、午後は飲めないので、朝からオーダーしてしまいました。

IMGP4658

窓から見えるピカチュウジャンボ
IMGP4659

(い)

|

« そば粉のクレープ | Main | 屋久島 千尋の滝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/4863183

Listed below are links to weblogs that reference 羽田空港第2ビル 「餉餉」:

« そば粉のクレープ | Main | 屋久島 千尋の滝 »