« April 2005 | Main | June 2005 »

青森県「はちのへ温泉」

IMGP39542001

JR八戸駅近くの温泉。以前掲載した「八戸温泉旅館」とは近いが数百メートル離れています。こちらも旅館が隣接してます。フェリー乗船前に一風呂ということで、6時に朝風呂に行きました。広々とした浴槽にちょっとしょっぱいお湯が注がれています。この温泉で面白いのは浴槽の4分の1くらいのスペースにスノコみたいな板が渡してあって、そこがトド用スペースになっている所。朝からトドっている男達で賑わっていました。

IMGP39512001

(い)

| | Comments (53) | TrackBack (0)

青森県 姉戸川温泉

IMGP39282001

駅のまん前(といってもあまり人気はないが。。。)にあり、昨夏車窓からみて気になっていた温泉。空中に突き出ているパイプからお湯が「ドドドドドドッドドドドドドドオォォ」っと注がれています。その音を聞いているだけでもう極楽。

打たせ湯じゃありません。多分ね。
IMGP39292001

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ホルスタイン柄 上明戸牧場の牛乳

IMGP39242001

十和田湖の近くの牧場で出荷している牛乳。
超濃厚でしかも爽やかな味。表現がヘンですが、飲むヨーグルト(それも高級なの)の「牛乳版」のような感じです。写真の超ミニ瓶は90ml。でも風味がリッチなのでデザートを食べたような満足感があります。可愛い牛模様もこのミニ瓶だけなんですね~。

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

フンドー 宝サイダー (秋田)

IMGP39102001

たまたま寄った秋田市郊外の酒屋さんで見つけて購入。こういうローカルサイダーって結構あるんですよね。

瓶に「宝」結構味があるグラフィック

もう無くなってしまうとお店の方がいってましたが。。。。

IMGP39122001

(い)

| | Comments (25) | TrackBack (0)

青森県 丸青食堂と市場

青森駅近くの複合ビル「AUGA」地下の市場内の食堂。観光市場とはいえ、ビルの地下というのは不思議な感じですが、市民の台所にもなっているようでなかなか楽しめる所です。

なかなか風情ある佇まい。
IMGP38962001

市場の食堂と言うことで、朝食に訪れました。こういう所では刺身+魚卵系の丼物が定番ですが、連夜刺身を食べまくっていたので今回は焼き魚。

焼き魚といっても鮫です。しっとりしていてイケます。
IMGP38842001

ホタテが安い!
IMGP38922001

謎のカニ「とげクリがに」
IMGP38952001

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

青森県 大衆酒房「ゆうぎり」

IMGP38582001

青森駅近くの居酒屋です。オフクロ系の女性数人で切り盛りしてます。地元度が高くて、隣の席の会話がちんぷんかんぷん。。。。。
刺身は絶品。特にイカ(ここでも生きているのが当たり前だった)とホタテ。すごいぞ!
酒は生酒がじょっぱりの小瓶。あとは新政の普通酒(たぶん)と、いささか寂しいですがそんなことも忘れさせる魅力のある店です。
我々が遠方からの観光客と知ると、帰りにイカ(生)を持たせてくれようとしましたが、先が長いため気持ちだけ頂くことにしました。

じょっぱりの300ML瓶。ぐい飲みが綺麗。
IMGP38612001

ホタテです。ヒモからキモからみんなおいしく頂けます。
IMGP38662001

ナマコ酢にも挑戦。かなり大盛りだった。
IMGP38682001

(い)

| | Comments (91) | TrackBack (0)

Yoshitomo NARA From The Depth of My Drawer

IMGP38062001

弘前で奈良美智氏の展覧会に行った。

>>「ナラヨシトモ?」という方はこちらをチェックして頂きたい。

「行った」といっても実際は迷い込んだのだ。弘前のさくらまつりの駐車場を探していて、なんとなく停めたらそこが展覧会場の駐車場だった。。。というわけ。

「犬も歩けば棒に当る」というわけで、まえから気になってはいたので、桜は後回しにしてレンガ造りの倉庫に入って行った。ナラさんの絵は、なんか絵本の挿絵みたいなんだが、視線を掴んではなさないというか、「目が合ってしまう」感じがする。いや、やっぱりというか本物はいいです。

間接的にメディアで接して気になっている方は、一度展覧会に足を運んで後悔しないとおもいます。

また、この奈良氏の故郷で開かれているこの展覧会では展示の方法というか、展示空間もすばらしく訪問者が引きも切らないのもなるほどと思わせます。

洞窟のような煉瓦空間
IMGP38072001

最後に余談ですが、ちょっと姪が似てるんです。奈良さんキャラと。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(有)みちのく食品 「ねぶたアイス」

IMGP38032001

桜ヶ丘温泉で買ったアイス。昔懐かしい味のソフトクリームだと思って買ったのだが「甘かった」。

コーンの様に見える赤い物体はコーンではない。金魚すくいに使用するあのカップのような材質だ。

上に載っているのもミルク系のアイスではない。「ガリガリ君」をソフトクリーム型に成型したような物体だ。

「これは子供のときから食べつけないとな。慣れが必要だ。」と路上で呟く。横で定番ジャイアントコーンを旨そうに喰っている(江)が内心羨ましいが、(青森まできてジャイアントコーンとは何事ぞ!)と自分に言い聞かし完食した。

青森銭湯の旅情を味わうのに最適なので是非皆さんもトライして頂きたい。

(い)

| | Comments (7) | TrackBack (1)

青森県「桜ヶ丘温泉」

弘前郊外の住宅地にある温泉。綺麗な銭湯風でとても温泉には見えませんが、

「湧いてるんです」グレーに濁った硫黄泉が。
「溢れてるんです」ざあざあと。

IMGP38012001

IMGP38022001

掛け流しはもはや当たり前の津軽からでした。

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

青森県 小田川温泉 秀吉のやかた

選挙でいつも出てくる羽柴誠三秀吉さんの経営している日帰り入浴施設です。ヒト山買ったという形容がぴったりな広大な敷地にお城やら国会議事堂やらミサイル基地やらが点在しています。

国道も独自の1号線だ(しかも農耕車優先)
IMGP37722001

これがツガルの国会議事堂
IMGP37742001

ミサイル(らしきもの)だってあるぞ
IMGP37782001

当然通貨も準備中。入浴は日本円でできました(笑)
IMGP37842001

肝心の温泉はナカナカのもの。凄い勢いで噴出。内湯の方がいい感じ
IMGP37882001

(い)

| | Comments (38) | TrackBack (0)

ささきの南部せんべい

IMGP37712001

南部せんべいってのは色んなバリエーションがありますね。この旅行で見かけただけでも
りんご
にんにく
納豆(これが意外とイケル!)
ホタテ
かぼちゃ
さつまいも
くるみ
イカ墨
etc

写真のものはクッキータイプの濃厚な味の物で、何枚かでお腹一杯になってしまうようなボリューム感です。ピーナツ・ゴマ(白ゴマがクッキー生地にびっしり詰まっている)・アーモンドの詰め合わせ。

ところで、南部せんべいを多く見かけたのは青森県太平洋側と岩手県、そして苫小牧でした。青森と岩手に跨っているのは共に南部藩の領地だったからなのでしょうか。
ではなぜ苫小牧に?苫小牧<>八戸間でフェリーが就航してるからでしょうかねえ。。。

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

青森県五所川原市 「諸国地酒と料理 田蔵」

IMGP37482001

あめ色に透き通ったイカ刺しの味に参ってしまった。

以前函館で食べたそれを上回っている。小泊の、揚がったばかりのイカだと言う。それでも、「これはベストのイカではないです」と言う。この日揚がった生きたイカなのだが、ちょっと元気が足りないと言うか「イカとしての気合が足りんっ!」とのたまわれ。。。。(ウソ)。

ベストでない分少し安くしていただいたのだが。。。。

でも今まで喰ったイカの中でベスト3に入るヨオ。恐るべし!
IMGP37522001

カウンターに居合わせた酒客は静岡から鳥を見に来たらしい。日本全国を旅している博覧強記の方で、珍しい鳥の目撃が出たという情報があれば、九州でもどこでも「即座に」飛んで行ってしまうのだとか。

写真の田酒の限定品の他、豊盃・磯自慢・九平次・黒龍など厳選された酒を常時10数種そろえる。
保存状態もすばらしい。
IMGP37512001

板前を務めるご主人はナカナカの男前。
西北温泉の割と近くにあります。

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

激熱浴槽! 青森県 「西北温泉」

IMGP37412001

五所川原駅近くの温泉銭湯です。うす茶色の湯が掛け流しされています。源泉は、まず高温槽に注入され、高温槽のオーバーフロー(実際には浴槽下部から)が中温槽へ、中温槽のオーバーフローがぬる湯槽へと順に注がれていきます。
この高温槽がやたら熱い!私はそんなに熱がりではないですが、手を入れるのがやっとでした。。。ごく主観的にはちょっと長く浸かったら死ぬんじゃないかと。。。
なお、地元のお爺様の会話によれば、中温槽で44度らしいです。高温槽が何度か知りたかったのですが訊けませんでした。しかし、会話から判明した事には、高温槽は「中温槽が44度になるよう」逆算して湯の入りを調整されているようです。単なる調整池なのか???

IMGP37452001

(い)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

津軽鉄道 走れメロス号

津軽鉄道は、フツーの列車が「走れメロス号」
地元の高校生はこれで通学したりしてるわけで大変です。。。

IMGP37292001

この辺は吉幾三の唄「俺はぜったい!プレスリー」の舞台
IMGP37332001

車両内に本棚が。東京の地下鉄では駅にあったりしますね
IMGP37302001

車両内「蔵書?」に「モンティパイソン大全」が。。。
IMGP37602001

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

青森県 芦野公園のさくら祭り

芦野公園とは、津軽鉄道で五所川原の北、太宰治の故郷金木町にある県立の公園です。一面に植えられた桜のほか、大きな池やミニ動物園もあり、巨大井の頭公園といった感じです。公園に隣接した駅もまた桜の名所で、カメラを構えた観光客がチラホラいました。

IMGP37072001

クマもいる。アオモリケンの誇る何でもてんこ盛り公園だ。
IMGP37132001

お祭りでスマートボールをみかけた。
IMGP37172001

「動物のえさ」S●INにしか見えんぞ
IMGP37192001

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

青森県 秋元温泉

IMGP37032001

青森と秋田の県境にある強烈なお湯の温泉。緑色の湯ですが、とろっとしていて、硫黄の匂いと、なんとも形容しがたい生々しい?匂いが入り混じっています。飲泉してみたところ、これまた形容しがたい味。飲みにくい事だけは間違いないです。
ヒバの混浴大浴場と、男女別の小浴場があります。写真は小浴場。

さらっとしているのに臭いのせいでどろどろ感のあるこのお湯はなぜか
「千と千尋の神隠し」の薬湯を連想させる。妖怪にでも神様にでも効きそうだ。
IMGP36962001

掛け流しです。

(い)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

秋田県 八九郎の野湯

IMGP36802001

ネット上の情報と、有志の方々が立てたといわれる看板を頼りに林道を奥へ。看板上は「奥八九郎温泉」となっている場所に行ってきました。林間に、草が生えず赤茶けた土が露出している一帯があり、中心にあるくぼみからごぼごぼとおびただしい泡と共に赤い湯が湧きだしていました。鉄味のサイダー湯で、温度も適温。足を漬けて見ましたが快適です。

湯溜まり底で湧いている様子
hachikuro

(い)

| | Comments (37) | TrackBack (1)

秋田名物?ババヘラアイス

IMGP36792001

国道横でオバサンが売っているアイス。秋田ではババヘラアイスというらしい。ババがヘラで(コーン)によそってくれるアイスである。商標にもなっているのか?

青森でもこういう形態のアイスは見かけたが「ババヘラ」という名前ではなかった。

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

秋田県能代市「酒どこ べらぼう」の猫

また、能代のべらぼうに呑みに行ってしまった。マイベスト居酒屋だが、欠点は自宅からムチャクチャ遠い事だ。尤も、こんなのが家の近くにあったら酒で身代をつぶしてしまうに違いない。
待ちきれず、開店時間前にべらぼうに行くと、玄関前では女将が桜の枝を生けており、その横で白黒ぶちの巨大猫が暇をもてあましていた。この店の看板猫、「クマ」である。どっちが縦だか横だかわからないくらい太っている。
写真を撮ろうとして目が合うと、こいつは突進してくる。視線を合わせると遊んでくれると思うらしい。

IMGP36502001


IMGP36522001


IMGP36532001

メニューにも出没
IMGP36572001

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

JA大潟村のパンプキンパイ

IMGP36762001

八郎潟近辺一帯で売られているお菓子だが、オミヤゲコーナーの他にスーパーにも置いてあり、地元の人も結構食べているのが伺われる。特産の南瓜を洋風の餡に仕立ててパイ包みにした方法は、「銘菓」によくありがちだが、本品は甘さやコクをごく控えめにしてあり、南瓜の素材の味がよく出ている。そのせいか、お茶などなくても結構何個でも食べられてしまうのだ。カナーリお薦め。

(い)

| | Comments (470) | TrackBack (0)

秋田県 湯の越の宿

IMGP36402001

この辺(五城目)には珍しい白濁した硫黄泉である。ロケーション的にも、緑に覆われた丘陵地で、「こんな所に?」と言う感じである。
木の浴槽にマイルドな浴感の湯が掛け流されている。温度もややぬるめで入った瞬間には硫黄のインパクトを感じにくい湯だが、上がった後に結構ガツンと来るのか、この後の車中で(江)が爆睡体制に入ってしまった。

IMGP36432001

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

銘柄米入り!五城目名物めんこいなラーメン

IMGP36332001

「道の駅 ごじょうめ」で食べたラーメン。

一見何の変哲もないが、麺に、地元で最近売り出し中の新ブランド米「めんこいな」が練りこまれている。
で、食べた感じは?「うーむ。やはり何の変哲もない。。。」
悪くはないのだが、コメが入っていなくてもやはり悪くはないだろうなと思ってしまう一品だった。

道の駅では地元産品入りラーメンやら蕎麦が多いような気がする。
「道の駅 たかのす」では青唐ラーメン、「道の駅 しちのへ」では馬肉ラーメンなど。コシヒカリ入りの麺などは昔からありますな。

IMGP36382001

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松屋 「シュークリームパン」

シュークリームのようなパンではないんです。
シュークリームが具として皮ごと入っているパンです。
津南町のパンやさん。

意外と旨い。津南の子供はこれを常識として育ってゆくのだろうか。。。

Imgp2966

Imgp2967

とおもったら、津南だけではないようです。ググッたら結構でてきました。。。

(い)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

群馬県 「峠の湯」

久しぶりに、碓氷峠の旧道で軽井沢から群馬に抜けた。バイパスと上信越道のダブルパンチで、どっかの林道かと思う位寂れている。山の写真をとる一眼レフと三脚のオジサンだけ何故か多い不思議な道だった。

急勾配を降りきった集落に、ゴージャスな温泉施設「峠の湯」があります。循環かどうか定かではありませんが、内湯は結構浴感を感じる塩の湯で、なかなか良いとおもいます。

Imgp2843

廃線となった碓井の線路にトロッコ電車が走る予定であり、(3月上旬の訪問時はまだ。今はもう走っているはず。)施設が立派なのでしょう。

Imgp2841

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なべくら高原森の家 の コテージ

なべくら高原森の家で宿泊する場合は敷地内のコテージか近隣(といっても車でないと無理)の戸狩スキー場の民宿泊がメインになる。また、木島平のみゆきの杜YHは、森の家イベントと連動した送迎を行なっている。我が家は、ちょっと遠いが、飯山市内のビジネスホテル素泊まり+市内の居酒屋というパターンも良く使う。
人数が多いときはやはり、コテージで自炊が楽しい。七輪で焼肉が多いのだが、今年のケツゾリの時はあまりに雪が多く、面倒なので普通の自炊にした。どの位雪が多いかと言うと、下の写真の通りである。。。。

文字通り「窓の外は雪。。。」

Imgp2952

コテージには、鍋釜包丁食器類の他、コーヒーメーカー・トースター・電子レンジ・ホットプレートなどが揃っている。

(い)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

国立 「お茶の間」

Imgp2944

ふざけた名前だが、管理の行き届いた地酒をそろえており、肴のレベルも高い。国立は学生が多いせいかこういう飲み屋が国分寺に比べると少ないような気がするのは気のせいだろうか?

Imgp2934

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目白 「TO THE HERBS」

Imgp2921

カラファテの近くにある、お洒落なレストラン。昔は、狭い階段を上がってゆく小さな店だったが、道路を挟んですぐ向かいに移転して、玄関も立派になった。
昔はアーメタルのジョッキでビールを出してくれたのが、今は普通のグラスになってしまったのが残念。パスタは美味しいですよ。

Imgp2919

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟県 笹倉温泉 龍雲荘 千寿の湯

Imgp3612

新潟県 笹倉温泉 龍雲荘 千寿の湯火打山ツアー終着点にある温泉。お風呂は日帰り用の小さな内湯と露天併設の大浴場があり、私と(江)は、受付にいたおばさまの「じゃんじゃんかけ流しだよ」の言葉にさそわれ小さなお風呂の方へ。
コメントに偽りなく、透明なお湯がふんだんにかけ流されています。シンプルなつくりの浴室は共同浴場を思わせ、なかなかGOOD。小さいだけに、快適度は混雑具合に大きく影響されると思いますので、覗いて見て人が多いようだったら大浴場に行くのも手でしょう。飲泉してみると、まろやかな味でした。
アルカリ性なのか、肌がつるつる。

Imgp3614

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブルボンプチポテト松茸風味

これは笑えます。例のお吸い物の粉を練りこんだような味です。しかも例のアレより鮮烈でB級感炸裂。この路線で、ブルボンさんには松茸風味のチョコとかクッキーにも手を広げて不思議ワールドを造って頂きたい。

Imgp3199

(い)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

西国分寺「沖縄元気料理 ばろーね」

IMGP30632001

泡盛を前面に押し出している、沖縄風居酒屋。食事メニュー・泡盛とも、安めの単価設定だが、量が小ぶり(泡盛もね)なので、その分いろいろ頼むと言う感じ。

IMGP30612001

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

北光 大吟醸

Imgp3197

昔、居候をしていた民宿のあるスキー場のすぐ近くにある蔵元の酒。10数年ぶりに飲んでみた。当時は民宿に在庫してある、普通酒しか知らなかったのだけれど、流石に最近はいろいろ造っているんですねー。山田錦39%精米で、柔らかくてバランスの取れた酒です。

(い)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »