« January 2005 | Main | March 2005 »

志賀高原横手山スキー場

この日の横手山は荒れ気味。山頂では視界が殆どなく、渋峠に行くプランを取りやめてしまう程でした。ゲレンデといえど天候によっては恐怖感を感じることもあります。滅多にないですが。

この後山頂駅付近はホワイトアウト状態
YOKOTE_IMGP2651

下の方はうって変わって静かなものでした。熊ノ湯横手って、修学旅行の入り込み次第で混雑が極端に変わるのですが、この週末は結構な盛況。みんな寒いだろナー。でも元気だ。若さか?

この日は調子ヨシ
YOKOTEYAMA1

YOKOTEYAMA2

(い)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

伊藤パン「頭脳パン 粒ピーナッツ」

ZUNOU1_IMGP2620

ZUNOU2_IMGP2621

名前が怪しい。昔からちらほらみかけるのになかなか購入する機会がなかったのだ。
旅行先のファミマでみかけて、ちょっと食べてみた。うーん普通の味。粒ピーナツはなかなか旨い。
後で調べた所によると、頭脳粉という、ビタミンB1が多く入っている小麦粉を使ったパンを頭脳パンというのだそうな。(い)が買った伊藤パン以外からも何社かから出てるらしい。
パンで使用材料が各社共通で前面に出るって珍しいですよね。
インテルインサイドとかゴアテックス製品みたいなものか。。。。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日清ヨーク「ヨークごっくん」

YORK1_IMGP2618

世はリバイバルブームだけれど、こんな物までリニューアルされて蘇っているとは。。。
味に関してはもう、そのまんまです。ちょっとアレンジしているのかもしれないけれど、なにぶん最後に飲んだのが大昔だったので判定不能。
しかし、超定番品ではなく、こういうB級感も漂う(失礼!)ものが復活しているとつい惹かれてしまいますな。

YORK2_IMGP2619

(い)

| | Comments (37) | TrackBack (0)

坂利製麺所「喜養麺」

丸井の地下で見つけて、試しに買ってみました。
お湯を注ぐだけでできるインスタントの素麺(温麺)です。早速作ってみると、かなり優秀です。麺の食感は我が家で乾麺を茹でて、一旦冷水で締めたものとあまり遜色ありません。つゆもおいしい。
普通のカップ麺を夜中につい食べてしまう方は、これに換えるとヘルシーかもしれません。1袋で262Kcalしかありません。リンの摂りすぎ等の弊害も少なそう。。。
一方、普通の素麺を茹でる手間を惜しまない方はメリットを感じないかもしれません。揖保の糸とか1分台で茹で上がってしまうので。。。。つゆも簡単に作るテはいろいろあるしね。

パッケージを開けてみる。
KIYOMEN_IMGP2613

戻るとこんな感じ
KIYOMEN2_IMGP2615

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

道潅 大吟醸

DOUKAN_IMGP2575

さめちゃんが持ってきてくれたお酒。薫り高い、柔らかな感じの酒なのですが、旨みが独特で、なんというか椎茸っぽいのですよ。で、香りはフルーティー。未体験ゾーンです。呑んだ複数の人間が同じようなコメントだったのですが、なんだか凄いかもっ!

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒牛 純米

KUROUSHI_IMGP2573

くま氏が持ってきてくれたお酒。米の旨みがストレートに出ている素直な味です。これぞ「純米酒」という感じ。温度も選ばない感じですが、余り冷えてるよりは常温よりのほうがのびのびしていて良いと思います。食事に合わせるにも万能という印象でした。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

天界 純米吟醸 神の舞55%

TENKAI_IMGP2572

黒姫に持ち込んだ酒その2。香り高くて濃醇な酒です。「つまみなしでも」というタイプですね。よく冷やすか、逆に燗でもいい感じ。

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦50%

SHIRAGIKU_IMGP2574

黒姫に持ち込んだ酒その1。はせがわ酒店より通販で購入しました。辛口のちょっと硬質な感じのする酒でした。以前飲んだしらぎくのおりがらみは軽くてヨーグルティーな感じだったのですが、これはもっとソリッドな感じ。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長野県黒姫高原「LODGE BUDDY HOUSE」2005 3日目

Imgp2593

最終日は快晴。昨夜の内に殆どの酒を飲みつくしたにも関わらずこの日の滑走組は9名。北風と太陽の話を思い出しますな。それとも単に皆酒が強いだけなのか?
クワッドから上はフォルクル(以下略)主催のカーヴィングレースが行なわれていて、一部クローズとなっている。また、基礎スキーのバッジテストも行なわれているらしく、レジャーの滑走客?比率が低いちょっと変わった日であった。
CARV_IMGP2581

今季は同じウェアーで(江)と遠目には見分けの付かないよしこ。
SKI_YOSHIKO

3者3様。さめ・(つ)・(江)。
4_SKI


レルヒからフラワーコースにかけては、カーヴィングレース出場者?がノーストックで凄いスピードでぶっ飛んでいる。たまに板にのせられている気のある危なっかしい人もいてはらはらする。クローズされたコース内ではともかく、一般ゲレンデでは中低速の一般スキーヤー・ボーダーを必ず避けられるスピードで滑っていただきたいと思う。

昼食を済ませて、一旦宿に戻り、お風呂に入りにアスティー黒姫に送ってもらうが、生憎この日は外来入浴クローズ。2案目の旅館あすなろに向かう。

アイスを手に本日は好調のおぎー。
OGGI_IMGP2596

ここは初めてだが林の奥にあり、結構秘境感が漂っていていい感じである。テラスにたれ耳の犬がいてわんわん言っている。横には白黒のぶち猫。
風呂は冷鉱泉の沸かし湯だが、肌の当たりが柔らかく気に入った。相変わらず外では犬が吠えている。
風呂から上がってみると、犬が騒ぐ原因がわかった。餌をあさりに狸がきていたのだ、痩せてちょっと痛々しい狸だったが、餌はまんまとあさりおおせたようだ。
DOG_IMGP2602

帰りの新幹線でまたもや酒盛り。ウィスキーと駅で買った真澄である。
3回の昼飯でも毎回飲んだので、2泊3日で6回の酒宴ということになる。みなさん東京に戻ったら節制しましょうね。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

長野県黒姫高原「LODGE BUDDY HOUSE」2005 2日目

MADO_P1010595

翌朝は雪。昨日雪面が硬かったのが改善してないかなとちょっと期待してみる。本日はゲレンデ組10名で最大である。

朝のダイニング。窓際でポーズをとる(つ)。新聞を読んでるのは誰だ?
NEWSPAPER_P1010596

ゲレンデに向かう車中にて。ちょっとお疲れのおぎー。
OGGI_CAR_IMGP2546

のんちゃんとくぼさんは久々なのでAMはスキー学校に入校した。あとの人々は、AMはゲレンデ一周。クワッド上の中急斜面から止まりそうな前山まで一通り回ってみる。こういうのも大人数だと結構楽しい。アスティ黒姫下の前山ゲレンデでは、ガラ空きのため殆ど踏まれていないプチ深雪もどき(スネ位?)があり、結構楽しめた。

大雪だ!
LIFT_IMGP2548

エスキモーとみまがえる(ちょう)。
CHO

キティーちゃんに喰われる(江)。
KITTY_IMGP2547


陽が射す一瞬も。
Imgp2554

昼になり、コスモスプラザで集合するが、とにかく人人人。一瞬昼時での食事を諦めかけたが、スキースクール組と合流する間にみんなが席を確保してくれていた。

スクールから帰還する2人。
NON_IMGP2560

コスモスプラザは大箱でカフェテリア形式のいわゆるバブル期のゲレ食なのだが、今シーズンはそば粉100%の霧下蕎麦をメニューに加えるなど頑張っている。(い)が頼んだカツカレーもカツが揚げたてでなかなかgood。くま氏はこのカツカレーの上に更に棒付フランクフルトを追加してました。

これが問題のカツカレー。
KATSU_IMGP2561

午後はフラワー中心にまた流して滑り、早めに引き上げてまたかんぽの風呂に。凄い混雑でしたが、今度は夕食までに戻ってくることができホッ。

この日の夕食は、異様にメシが進む大根の漬物が出現したため、飲みながらフルコース食べているにも関わらず、お櫃を3回も空ける事態に!日中の運動量に危機感を感じた体脂肪が仲間を呼んだのか?

酒瓶を前にご満悦のくま・ぱんだ・(い)
SAKE_P1010621

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長野県黒姫高原「LODGE BUDDY HOUSE」2005 1日目

毎年2月に主催している、黒姫高原へのスキーツアーを今年も実施。第一回が91年なのでいつの間にか15年。。。

東京駅8時頃発の「あさま」で一路長野へ。3連休の初日だけあり、物凄い混雑だ。大宮駅で新幹線に乗車するが、通路に人が詰まっていて、自分の座席に辿り着けない。。。
立席の人々があふれ出して、指定席車両にも詰まっているのだった。ようやく、人ごみをかきわけ、車両中央の自席へ。通路には小さな子供連れもいて大変だ。途中車窓から見えた関越道はびっしり渋滞していた。

今回のツアーはわりと盛況で総勢11人。長野で快速妙高号に乗り継ぎ、11時過ぎに黒姫駅に降り立つと、バディーハウスのご主人がロゴの入った濃紺のキャラバンで既に待ってくれていた。

今年の目玉は「蕎麦ふじおか」直行。この店は、なかなか入れない。まして11人でとなると尚更。宿の方にワガママを聞いてもらい、開店時間直前のふじおか前で全員降ろしてもらって、まず蕎麦を食ってから歩いて宿に向かいチェックインなのだ(安藤さんありがとうございます!)。

蕎麦を完食したあと、別荘地の道をテクテク歩いてバディーハウスへ。積雪が多いため、道の両側の雪の壁が完全に自分の身長を超えている。雪が音を吸収しているせいか、しんとしている。

チェックイン後、ゴロゴロ組と滑り組にわかれて、9人はゲレンデへ。いつものレンタル屋の貸し靴がラングのソフトブーツになっていて少々驚いた。ゲレンデに着いた時には時間は既に15時近く。腹ごなしにフラワーコースを流す。

リフトでラブラブなのはのんちゃんとくぼさん
Imgp2522

遅刻気味に夕食に駆けつけ、待望の宴会に。各自で飲みたい酒持参で持ち込み料金を宿に支払うことで、食卓でサービスしていただくのがいつものパターンなのだが、今回はウィスキー1本にワイン3本、日本酒が2升8合と日本酒率の高い年となった(内2升は自分ダヨオイ)。

BUDDY HOUSEのある日のお料理
BUDDY_CUISINE

この日くま氏の誕生会を決行
KUMA1

図にのって囓るくま氏
Imgp2533

まったりするよしこと(江)
P1010589

(い)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

セントイライアスにビンディングをつける

テレフェス@峰の原でゲットしたセントイライアスにビンディングをつけるべくカラファテに。せっかくの細板だが、生憎ブーツが去年の春にセールで買ったT2しかない。なにかと物入りな冬にさらに革ブーツを買うのもナーという悩みが。。。。
案の定お店でカクカクシカジカと話すと一緒に「うーん」と悩んでいただく羽目に。
しばらくの間でも、T2で使うなら板を壊さないためにまずプレートが必須。それでも、無茶な使い方をしないよう念を押されました。
しばし悩んだ後、軽量でプレートもセットになっているボレーのハードワイヤに決定。今シーズンは春の歩きメインの時限定でT2で使ってみようと思います。ノーマルソールなので、ステップカットの代用でキッカースティッカー55mmも手配(在庫問い合わせ中)。
福引商品提供のロストアロー営業氏が、「革靴細板が今年の景品のテーマなのでT2以上のブーツで使用しないでね~」と笑顔で言ってた様な気もするが、柔らかブーツの出物を発見するまで記憶を失おうと決意。

(い)

| | Comments (32) | TrackBack (0)

アクメ サンダラー ホイッスル

Imgp2512

ツリーランで樹木の周りの穴などに落ちたときのためにホイッスルを買ってみた。以前、防犯用に購入した時に具合の良かった「FOX40」のミニを探したが、みつからず、似た感じの ACME社 THUNDERER をICI石井スポーツ本店で購入。ちょっとデカイが、少ない息でも大きな音が出る。とりあえずホワイトスモークジャケットののフロントジップにつけてみる。「うーん、やっぱり見た目がでかいな。。」邪魔にはならないけど。

数日後。。。ゲレンデで基礎スキーの検定を行なっているのに遭遇。
「おおっ!俺のホイッスルとやけに似た音色の笛で、一人づつ滑らせているではないか。。。」ちょっと自分も吹いてみようかと思ったが、エラク怒られそうなので自粛(冗談です)。

(い)

| | Comments (160) | TrackBack (0)

長野県黒姫高原「蕎麦 ふじおか」

Imgp2521Imgp2520Imgp2519Imgp2518Imgp2517黒姫高原の別荘地の中にひっそりとある、その筋では超有名?と思われるお蕎麦屋さん。メニュー構成が少々変わっていて、せいろ蕎麦・そばがき・そばぜんざいの3種のみ。せいろは、季節の惣菜盛り合わせ・漬物盛り合わせを含んだ料金になっていて、2100円となっている。そば1枚の値段としては高いが、惣菜と漬物の量と質を考えると実質はそばコースと考えて良い。なお、せいろの追加は800円。
昼のみの営業で、売り切れじまいである。開店は11時30分からで、コース料理的構成と、一杯やる客が多いため1日1回転から2回転しかしない。

惣菜と漬物は手間隙かけて作られた絶品。大皿に7-8種くらいづつ盛り合わせで出てくるが、個人的にはこれだけでもこの店に来る価値があると思う。
蕎麦は丁寧で正確なそばという印象。最近、つゆが江戸前風の濃いタイプに変わってきた印象があるが、たまにしか行けないので定かではない。

(い)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

長野県 信濃町「黒姫駅前ラーメン」

Imgp2505

このお店、前は青海ラーメンという名前だったような。。。
お目当ては、漢方のスープを使った季節限定その名もずばりの「漢方ラーメン」
入店してみると、何の変哲もないごく普通のラーメン屋です。でもメニューには「漢方ラーメン」と「漢方玉子スープ」がしっかり載っている。

Imgp2502

早速、その2つに、キムチチャーハンと焼餃子・水餃子を一つづつ注文した。
「漢方ラーメン」は醤油べースで、麺は透明感のあるやや柔らかめ。円形に巻かれた小ぶりのチャーシューが2枚ついてくる。肝心の漢方はどんな感じかというとちょっと龍角散を連想する。これがなぜだか、醤油ラーメンのスープとうまく組み合わさっていてさらっと胃袋に収まってしまった。ベースのラーメンも美味しいのではと推測。その他チャーシューが外側は香ばしく、中は適度に脂が刺していて絶品。
玉子スープも龍角散系だがベースのスープが異なるためまた違った美味しさ。しかし体によさそうだな。。。

Imgp2499

漢方系以外もどれも旨くて感心したのですが、特に良かったのが焼き餃子。皮はモチッ。焼き目はパリッ。中身はジュッ。です。そのせいか、店内は客が引きもきらず大盛況でした。

Imgp2498

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

長野県 須坂市 「ペンションロビン」

峰の原テレマークフェスティバルで事務局より配宿されたペンション。自分で選んだわけではないし、あまり期待はしていなかったのですが、どうしてなかなか結構気に入りました。
まず飯が旨い!米も旨ければ、おかずもイケます。西洋民宿という表現の方がピッタリ来る、飾らない家庭料理のようなご飯ですが、ボリュームたっぷりで、しかも野菜が多い。

Imgp2436
つぎに漫画が充実している。色んな路線、新旧揃ってるのがここの特徴。(い)は「七夕の国」。(江)は「陰陽師」を読みふけってました。
あと特筆すべきは、ダイニングとは独立して、居間と言うかなんというかだらだらできる部屋がある事。そのため夕食の配膳中も遠慮して客室にこもっている必要はなく、パブリックスペースでビール片手にソファーで漫画を読んだりできる。
客室はかなーり簡素で、インテリアも相当素朴なため好き嫌いは分かれるかもしれませんが、我々にとってはとてもCOZYでした。

Imgp2434

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

峰の原テレマークフェスティバルその3

2日目は朝からショートツアーその2です。やはり根子岳避難小屋を目指します。昨日と違うのは快晴!になった事。遠くの山々が一望でき昨日と同じコースとは思えません。

Imgp2469

この日は登るペースをちょっと早めて避難小屋からもっと登った所にあるオープンスロープへ。脛くらいの深さにうっすら積もったパウダーで、絶景とあいまって最高。

Imgp2479

Imgp2481

昼頃、ゲレンデに戻り、昨日は出ていなかったボレーのカーボンサーフを試乗。むちゃくちゃ軽いです。太いのに~。極端な軽さと結構な太さから本日のやや固めにパックされた雪(ゲレンデ)では安定しないかなと思ったのですが、思いのほか乗りやすかった。

午後は、テレマークでチェックポイントを回るオリエンテーリング。なんか牧歌的な催しですが、結構和めて良いかも。。。2人一組でリフトも使い、ゲレンデのあちこちに立てられている看板に書かれた文字を集めつつクイズに答えます。
残念ながら入賞はならず。

15時の閉会のあと、翌週に備え、次の宿に板を置きに黒姫高原へ。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

峰の原テレマークフェスティバルその2

初日の夜はペンション街の中の喫茶店「ハックルベリー」を借り切って講演会とパーティーでした。

講演会は、第1部がバックカントリースキーに於けるGPSの活用法。第2部が、雪山における実戦的なファーストエイドキットとその活用法。GPSは持っていませんが、今後の参考になりますね。

引き続いて行なわれた立食パーティーは、小布施ワイナリーの10年モノシードルとノルウェー観光局?提供のチーズでワイワイ。パーティーのメインイベントとして、協賛各社提供の商品による大福引大会がありまして、なんとここで(江)がスキー板を当ててしまいました(アンタは偉い!)。
提供のロストアローさんによれば、今年の景品のテーマは「細板革靴スタイルを見直す!(だったかな?)」のようでブラックダイアモンドのセントイライアス(ノーマルソール)でした。現在ビンディング取付待ちで居間に鎮座してます :-) 。

Imgp2444

ちなみに私はKARHUの耳付ビーニーを当てました。なぜかサイズもピッタリ。あんなに探した帽子だったのに今度は何故か集まってくる。。。


(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

峰の原テレマークフェスティバルその1

 峰の原のテレマークフェスティバル。通称「テレフェス」に行って参りました。テレフェスとは、アルペンスキーやスノボと比べると人口が少ないと思われるテレマーカーが集まって楽しみましょうという趣向?かな(自信ないが)。案内によれば峰の原のテレフェスは日本では最も歴史ある(でも今年で7回目!)物であるとのこと。
 我々にとっては、ビギナーでも楽しめそうなプログラムもポイント高し。

今年のテレフェスのプログラムをおおざっぱに分けると

・レッスン
・根子岳へのショートツアー
・ノルウェーのトップテレマーカーHENRIK HAALANDの滑りを見られる
・パーティー
・試乗会
・オリエンテーリング

といった感じです。

初日まず我々が向かったのは試乗。ブラックダイヤモンド・K2・KARHU・TRAB・ロシなどの試乗があり、(い)はK2のヒッピースティンクス・(江)はブラックダイヤモンドのヌーニョを試乗。本当はヘンリックの後を追っかけたかったのですが、ビンディングを合わせている間に完全に見失ってしまいました。。。。

Imgp2417


昼になり。ヘンリックのデモンストレーションを見物。急斜面の林間から雪煙と共に飛び出してきて、途中フェイキーに切り替えながらあっという間に眼下に消えていきました。うーむ凄い。

Imgp2419

午後はショートツアーで根子岳避難小屋へ。ガスが立ちこめていて幻想的でしたが寒い。
明日に期待。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結婚記念日@パスタせもりな

Imgp2395

1月某日、結婚記念日ディナーということで突発的にお馴染み「せもりな」に行ってきました。以前の記事にも書きましたが、ここはパスタの旨さでは我が家で不動の1位を誇るお店です。
マスターは、寡黙なような饒舌なような、面白い方なのですが、近年ますます我が道を極められつつあり。。。
酒が揃ってます(ってそれかよオイ→自分)。
この日も我々が結婚記念日で、かつ来店10周年くらい(良く覚えてないけど状況証拠からすると多分そのくらいか?)とわかると、どこからともなくメニューにはないはずの日本酒がぞろぞろ。
記憶は?無くしませんでしたが、翌日のスキーは寝坊で無くなり、あえなく宿泊先に直行とあいなりました。

(い)

| | Comments (569) | TrackBack (0)

立川 「大衆酒場 あま利」

Imgp2411

立川駅北口からほど近く(ビックカメラ従業員通用口付近)にある小体な居酒屋。店内に気取ったところはないが、隅々までさっぱりしていて気持ちいい。また、一人でも入りやすいのもいいところ。
〆鯖、菜の花とエノキのお浸しに奥播磨の山廃純米を頼む。〆鯖もお浸しも飾り気のない皿にこぢんまりと盛られて出てくるが、鯖は絶妙な〆加減で新鮮。ツマの大根と若芽も瑞々しい。お浸しも気配りが行き届いている。
なんか料理漫画のパクリみたいですが、飛び込みで入ったら良かったです。
その後はもつ煮とナムル風豆腐サラダ(写真~これが絶品)、おでんに高知「南」の本醸造。おにぎりで締めて店を後にしました。普段着のお店として、実にいいと思います。

Imgp2410

(い) 

| | Comments (54) | TrackBack (0)

BOERI RAGE

奥志賀高原の杉山スキースクール。隣接している「サンクリストフ」というレストラン内のショップが結構掘り出し物スポットだったりする。ゴーグルがよく半額になっていたりしてます。
今回はヘルメットを物色。大量に並んでいたのはGIROでしたが、GIROはサイズがみつけても頭の形が合わずNG。FUSEは軽くていいんだけど。。。
と思っていると、ボエリのRAGEとCAMELEON、STEEZ各現品限りがジロ棚の裏にひっそり並んでいるのを発見。
駄目元で試したRAGE(XL)がピッタリフィットし、即購入となりました。600gで軽いとはいえないんですが。
現品特価で¥12000円也。

Imgp2412

結局耳付帽もヘルメットもすぐ揃えてしまった。。。
私はゲレンデ売店が吉のようです(笑)。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オキシライド 単4型

4月にやっと単4型がでるようです京ぽん充電用として流用中のデンチボックスでどの程度まで京ぽんをチャージできるのか試そうとおもってます。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ホテルジャパン志賀 レストランかもしか

Imgp2407

 よくガイドにのっている「ネパール人シェフが作る本格カレーバイキング」に行ってきました。カレーは辛さと味の異なる4種類。この日は「野菜」「鶏」「キーマ」「マトン」の4種がありました。ご飯と、キャベツ千切り、日替わり一品(この日はポテトのサブジ)、そして釜焼きのナンが食べ放題です。
 旨いです。カレーも旨いが特にナン!焼きたてを運んで来てくれるのですが、裏側(窯の壁面にくっついてた方)がカリッとクリスピーになっていて、噛むと粉の甘みが口に広がります。一の瀬にあります。

Imgp2401

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明治チョコベビー

Imgp2413

昔懐かしいお菓子ですが、時々コンビニなどでも見かけます。これを最近また買うようになりました。なんに使うのかというと、ツアーなど雪上用の行動食。
レーズンやナッツ類と混ぜて、空きペットボトル(200mlや350mlが使いやすい)に詰めます。グローブを外さずに、手軽にエネルギーが補給できます。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パタゴニア ホワイトスモークジャケット

Imgp2398

水道橋さかいやのセールで半額で入手。その後、大雪降り続く志賀高原で試しましたが、使い心地は上々で快適です。ただ、リフトで上がるゲレンデスキーではこの通気性の良さは宝の持ち腐れで、やはりハイクしてナンボのもんでしょう。バックパックなんかで擦れる部分の撥水性がどこまで持つのかチト不安もありますが、おいおい判ってくるでしょう。

(い)

| | Comments (109) | TrackBack (0)

メダリスト

Imgp2369

Imgp2370

嬬恋村の鄙びたコンビニで買った怪しい粉ジュース。水に溶かしてみると、薄黄色で更に怪しい感じです。
以外にも飲んだ感じはマトモで、クエン酸の酸味が強いですが、そういうのが苦手でなければ抵抗なくのめます。この飲料、本当は運動をサポートする物らしいのですが、酔い覚ましに全部飲んでしまいました(爆)。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

志賀高原焼額山第2ロマンスリフト

焼額山はコースが林間主体で細い一方、輸送力はあるため、ちょっと混むと雨あられと人が滑っていて窮屈に感じる。
その中で秘境と化していたのが最も奥志賀側にあるこの第2ロマンス沿い。人が並んでいるのを今までみた事がない。斜面も南向きから東にずれるため雪もいい。圧雪を行なわない中急斜面が2枚あり、降雪後には短いながらコース内で深雪が楽しめるという稀有の存在(ホントに短いけど)。
ところで、その第2ロマンス沿いは今シーズンからゴールドウィンのテレインパークになっていた。でも空いているのは相変わらず^^;)。2枚の非圧雪斜面は、そのままでありホッ。パークとなっているコースは2本あり、1つが経験者用、もう一つがビギナー用。
ビギナー用パーク入口に低くて幅広の楽勝感漂うボックスがあるのでテレマークで乗ってみる。
まずはまっすぐ進入してポトンと落ちる。これはスキーなら簡単。次にボックスの途中で板を真横にして着地してみる。しかし、超スロー。「いくらなんでも遅すぎかも」と思い、次にわりとフツーのスピードで進入したところ、板を真横にできたのは良いが、そのまま真横の状態で雪面に落ちたため、上体が前に投げ出され、無様にコケル。着地する前に再び前に向かなきゃコケルの当たり前じゃん!アホですね。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »