« December 2004 | Main | February 2005 »

北海道乳業 「テオブロマ ショコラオレ」

Imgp2364

Imgp2365

群馬のコンビニで発見&パッケージに惹かれ衝動買い。
70%とかそれ以上の高カカオ率の板チョコって、風味にそりっど感があって結構好きなんですが、これは、その手のチョコをそのまんま液体にしたような味がします。
ストローで飲んだので中身は見ていないのだけれど、普通のココア系コンビニドリンクがココアとミルクで茶色っぽい感じとしたら、これはブラックチョコの黒!という味です。かなり気に入りました。モーツアルトリキュールとかのノンアルコール版としてデザートやカクテルのお手軽材料としても流用できそう。。。

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

埼玉県所沢市 「ポトフ」

Imgp2361

早稲田大学所沢キャンパスの近くにある、フランス料理のお店。圏央道入間IC利用時にいつも付近を通るんですが、今回初めてランチで利用しました。
ランチメニューは、簡単なコースの他に洋食メニューもあり、私と(江)は「特製オムライス」(訪問時600円)をオーダー。これがなかなか。

Imgp2359

外見はシンプルですが、ナイフを入れてみると濃厚な卵とご飯が一緒に一体化してゆっくりと流れ出してきます。口にすると濃厚な、でも爽やかなバターの香りとご飯のひとつぶひとつぶに纏わりつく卵。チキンライスを卵で包んだような庶民的なオムライスとはまた違い、オムレツの具材としてご飯が渾然一体となっている一品でした。
でも値段は庶民的!
自家製ケーキも充実してます。お土産に持ち帰るお客さんも見かけました。ケーキも絶品でしたよ。

Imgp2360

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

奥嬬恋温泉 別邸花いち

Imgp2381

付近に別荘を持つS夫妻に連れていってもらい入湯しました。綺麗な建物で、一見日帰り入浴お断りかとひるんでしまいそうです。もちろんそんなことはなく、気持ちよく入れました。
玄関を入るとすぐ浴室という造りは結構面白いです。
浴室内部も小綺麗で洗い場もきちんとしています。
一つだけシャワーのないブースがありましたが、水栓他は隣のブースと全く同じだったのでメンテナンス上の理由で一時的な事かも知れません。
内湯は塩分と鉄分を感じる茶色がかった笹にごり。吐出口から少量注入されています。かけ流しかどうか定かではありませんが、浴感は充分で非常に満足しました。飲泉は不可との表示あり。
木造の露天もあり、こじんまりしていながら風情ある造りです。吸入の有無は確認しませんでしたが、露天はかなり透明で、注入量も多かったのでこれは循環かもしれません。

Imgp2384

(い)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

耳付帽子買いました

毛糸の耳付帽子(ビーニーって言うんですかね、最近は)を求めて、週末に都内を彷徨ったのですが、大きなものは余り無く撃沈撃沈また撃沈。

目白カラファテ:TurtleFurで耳付があるが耳当ての位置が合わず撃沈
SOS自由が丘:自由が丘の人は頭が小さいのかとヘコミ撃沈
モンベル恵比寿:無難なデザインしか見当たらず撃沈
水道橋さかいや:帽子は品揃え少なく撃沈

うーん。諦めるしかないのか。。。と思っていたら日曜にS夫妻と行ったパルコール嬬恋のみやげ物売り場にやけに帽子があるではないか!。
耳付も沢山。しかも何故かみんなサイズが合うとは何事ぞ!

結局(江)と2人で2種類ゲット!

こんな感じです
Imgp2391

Imgp2390

でもこの手の帽子って、風で耳当てが煽られて実用性には欠けますな。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成元年(芋焼酎)

Imgp2324

Imgp2325

これも長塚酒店で購入。珍しく、シェリー樽で長期熟成させた芋焼酎です。平成元年とありますが、複数の醸造年度の物をブレンドしているようで、何年間熟成と銘打たれている訳では無いようです。
味ですが、芋の甘みがストレートに出た濃厚な感じにシェリー樽から来ていると思われるこれまた甘い香りがかぶさって実に旨いです。甘い香りの芋焼酎といえば、35度の「天の魅惑」がキンキンに冷凍して飲むとトロリとしてまるで洋菓子のようですが、これは度数の違いも(24度)あってか、ゴージャスというよりは素朴さを感じます。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

竹泉 中取り純吟山田錦無濾過生

Imgp2322

Imgp2323

昭島の長塚酒店で買いました。スムースでバランスの取れた味です。

(い)

| | Comments (546) | TrackBack (0)

国分寺「もつ鍋 わたり」

Imgp2319

「がんばれ羊肉記」さんの紹介をみて訪問。こんな場所に店ができていたとは。。。。
芋焼酎が充実していて、日本酒も訪問時は5~6種純米~純米吟醸クラスの物が置かれていました。天明や、七田などまだ大々的に取り上げられていない銘柄が多く、この日の印象では保存状態もとても良かったです。冷蔵庫の状況と、欠品があったことから、在庫をあまり置かず、酒屋さんから小口配送してもらうことで良い状態をキープしているのかなと推察。片端から飲んだお酒はどれも美味しく、欠品自体は特に気になりませんでした。
もつの事もかかねば。コクのあるしょうゆ味で、何よりもつが非常に新鮮。そんなにもつ好きというわけではない(江)も「まったく臭みを感じないもつを食べたのははじめてかも。」と好評でした。非常に脂がのっているのですが全くくどくありません。サイドオーダーとして、キムチやもつ焼きがありますが、非常にうまいです。最後はおじやで締めたのですが、もつ鍋以上に絶品でした。後を引く味というんでしょうか。
もつ鍋はかなり安い一方、サイドオーダーと日本酒はそれなりの価格設定なので、「今日は財布が」という方はお酒はほどほどにして、鍋に集中しましょう(笑)。

Imgp2318


(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘルメットと帽子を探して

ヘルメットを探してます。でもそこには大きな難関が。。。。
頭がデカイんですね、半端じゃなく。
先日、某店でGiro FuseのXXLを試して、「これならいけるかも!」と
一瞬喜んだのですが、なんか耳の位置がちょっとへん。
顔も人一倍以上に長いらしい _| ̄|○。
本当はSweetを狙ってるんですが、さらに非現実的かも。。。

帽子も探してます。最近流行の耳宛とおさげがついた系統の奴。
こっちはまだ望みがありそうなのでした。

(い)

| | Comments (26) | TrackBack (1)

グラナイトギア AIR-LINE スタッフバッグ

スキー時のお財布などを入れるために購入。シリコンコーティングされたナイロンでできた極薄超撥水袋です。ただのスタッフバッグとしてはカナーリいいお値段ですが、最近色んなお店で見るところからすると必要な人は買っているのでしょう。とにかく軽いです。丈夫そうですが、尖ったものには要注意かも。
お値段のせいかどうかわかりませんが、袋本体より圧倒的に嵩張って重いプラの瓶に入れて売られています。これは過剰包装ですね。

Imgp2321

(い)

| | Comments (24) | TrackBack (0)

マウンテンハードウェア ファントムジャケット

たまたま入った長野のICI石井スポーツで半額になっているのを発見。即決で購入してしまいました。800フィルパワーのダウンを15Dナイロンの生地で仕立てた最近流行の軽量系ジャケットです。ただし、ダウンセーターと違い主にアウターに着られる造りになっているので、絶対的重量はLサイズで公称(まだ計ってませんので)440gとさほど尖ってはいないスペックとなってます。主に街着で着るので余り関係はないのですが。。。

Imgp2320

(い)

| | Comments (98) | TrackBack (0)

志賀高原熊の湯スキー場

 なにかにつけて、よく行く志賀高原なのですが、大雪が降ったときは熊の湯。シーズンはじめの少雪の時も行きますので、何かとお世話になるゲレンデという感じでしょうか?
 (い)が昨年発見したプチ深雪お気に入りコースが第一ペア左のモーグルバーン。
 なぜかあまり人が滑らないので、その名前と裏腹にこぶがあまり発達せず、大雪の時もがらがらです。
コースは短いですが雪が軽いので結構いいんですよね。

KUMANOYU

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

長野県長野市「カレーの山小屋」

Imgp2312

 納豆カレーで有名なお店です。以前高速のIC近くの長池店に行ったことがあるのですが、今回は長野駅近くのお店を訪問しました。ウッディーな造りでチェーン展開しているお店とは思えません。私がオーダーしたのは「辛口カレー」に納豆と目玉焼き・白身魚のフライをトッピング。納豆以前にカレーがおいしいです。なにか特筆すべき店があるかというとそうでもないのですが、思い出すと食べたくなるような味。滑りで疲れた身体でかっこむとかなりシアワセです。

Imgp2310

Imgp2311

(い)

| | Comments (450) | TrackBack (0)

グリル栂池

Imgp2304

 初めて栂池高原で滑りました。天気予報で多めの降雪が期待されたからなのですが、残念ながらこの日はハズレ。でも広々としたゲレンデは、ビギナーテレマーカーがのびのび滑る事ができ、楽しめました。しかし広いですね。
 グリル栂池は、洋食中心の、まあ割と普通の食堂だったりしますが、感心したのは入り口レジで食べ物をオーダーしたあと、スタッフがテーブルを案内するシステム。
 普通のレストランではごく当たり前ですが、ゲレンデの食堂では席を探す人が食べ終わりそうなテーブルの近くに背後霊のように立つということが良くあります。あれ、お互い辛いですよね。

カツサンド
Imgp2302

ハンバーグ
Imgp2300

(い)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

長野県 奥山田温泉「レッドウッドイン」

Imgp2297

山田牧場スキー場のベースにあるロッジのお風呂。露天は、巨大なレッドウッドの丸太(切株状)をくりぬいて湯船となっています。一応囲いがありますが、囲いが遠いというか、広いので外の景色がよく見えます(遠くからは丸見えとも言う)。
白濁した硫黄泉がかけ流しになっており、湯花が大量に舞っています。この手の温泉にしては、肌の当たりがマイルドでかなーり気に入りました。こじんまりした内湯もなかなか風情があります。
Imgp2283

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

越乃雪月花 しぼりたて生

Imgp2262

妙高高原の国道沿いの酒屋さんで購入。新潟のお酒ですが、いわゆる端麗辛口系ではありません。かといって濃醇というほど「がつん」という訳でもなく、強いて言えば「ふくよかな」感じの味でしょうか。結構好きな銘柄なのですが、家の近くでは余り見ません。

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山田牧場スキー場とタコチコース

南志賀、笠岳の裏にある、ちいさなスキー場です。なりは小さいですが、景色は雄大。元が牧場だけにか緩やかな地形で、ゲレンデ区域内下部のツリーランを規制していないようです。
本日のお目当ては麓の山田温泉スキー場へ降りる全長14kmの「タコチコース」。
上部は牧草地の滑走。斜度はゆるゆるですが、絶景なので気持ちの良いこと!
TAKOCHI

中間部以下は車道を利用したコースが延々と続き、足前に応じてショートカットできるようになっています。あいにく、雪がまだ少なくショートカットは笹交じりだったりでイマイチでした。
Imgp2272

麓の山田温泉スキー場は、タイムスリップしたかと思えるような古色蒼然としたゲレンデ。シャトルバスに乗って山田牧場に戻りました。

山田温泉スキー場のとある食堂で食べたから揚げ定食。絶品でした。ランチは昔ながらの小さなスキー場の方が手作り度が高くて美味しい気がします。
Imgp2277

(い)

| | Comments (16) | TrackBack (0)

長野県 中野市「ポット」

Imgp2261

志賀高原に向かうR292沿い左側にある、文字通りポットの形をした洋食屋さん。
何となく鄙び系です。(い)がよく頼むのはハンバーグとスパゲティーが合盛りになった「ハンバーグミートソース」。ミートソースといっても、トマトのそれではなく、ハンバーグのデミグラスソースがベースです。昔懐かしい手作りの味!と言う感じで結構好きです。

なかなかのボリューム
Imgp2260

(い)

| | Comments (35) | TrackBack (0)

長野県 中条温泉「トマトの国」

さかえ倶楽部の帰りに寄りました。横倉の百合居温泉を狙っていたのですが、「雪に埋まっているのでは」と言う懸念から、大きな施設のトマトの国へ。
強烈な個性には欠けますが、甘みのある湯がかけ流されています。ゲレンデの雪まみれの後に入ると気持ちのよさに思わずため息。

Imgp2253

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さかえ倶楽部スキー場

豪雪を探してシリーズ第2弾、関の翌日はさかえ倶楽部です。渋温泉では晴れ間さえ見えていたのに、飯山を過ぎて、野沢温泉にさしかかる辺りから昨日を上回る前が見えないような大雪。なぜ、2日目はさかえ倶楽部にしたかというと、昼間も降り続けるらしいのでパウダー競争率が低いゲレンデを選べば、滑った端から積もるのではないかと思ったから。

果たして、さかえ倶楽部は、全面パウダー、ゲレンデ下部膝パウ、上部は腿から腰パウというすばらしい状態。しかも、関よりやさしい斜面もパウダー化していて、まさに我々向け(笑)!

しばしばコケながらも魔法の絨毯にのっているような極楽を堪能。雪はゴンゴン降り続け、雪まみれですが。。。
capt1_sakae

ランチタイムに最下部の初心者コースのみピステンが入ってましたが、殆ど焼け石に水の模様でした。。飯の後にゲレンデ上部に戻ると、コースの雪は朝より深くなっている有様。。。
帰る頃には私も(江)もなんとか「比較的」コケずに降りられるようになっていました。何事も慣れか?

10時に停めた車が15時にこの状態。。。
Imgp2252

栄村特産品のトマトジュース。100円ナリ。
Imgp2244

(い)

| | Comments (37) | TrackBack (0)

関温泉スキー場

豪雪の連休初日、気象庁のHPとにらめっこして、昨夜一番雪が積もっていそうな関温泉スキー場に向かいました。車中泊した小布施PAでは殆ど降っていなかった雪が、信濃町IC手前から急に強くなり、関に着いたら、駐車場は腿の深さの雪で埋まっていました。どこまでが駐車場でどこからがそうでないのかまるで判らん。。。

吹き溜まりに強引に車を突っ込んでゲレンデに行くと幸いリフトはまだ動いていない。しかし、トイレに行った隙にリフトは動き出し、上がったときには既に十数本のトラックが付いていた。

今朝の積雪は+70cm。ちょっと重めですが深いです。そのまま突っ込んで行くも、私も(江)もコケまくり。。。。
テレマークで深雪は初めてなのでした。アハハハハ。。。
(江)に至ってはアルペンでも未経験の世界。

一見滑っているように見えますが違います。。。
SEKI1

何度もコケテ腹が空いたので、レストハウスで早めの昼食をとり、午後はSARCで講習を受ける事にする。

名物の特大オニギリ+ピリ辛トン汁のセット。ご飯が旨い!さすが新潟。
Imgp2208

道具を購入して初めて受けるレッスンだが、今まで何やってたんだろうと言うくらい目から鱗がぼろぼろぼろ。単に出だしが間違っていたという話もありますが、「アルペンから入った人のありがちな落とし穴」というのに片っ端から嵌っていたようです。
非常に熱心にレッスンして頂き、終わったのは規定の終了時間の一時間後の17時。
関では温泉に入らずに予約してあった渋温泉の激安宿に一目散に帰りました。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

長野県渋温泉「米龍」

Imgp2024

 ついに豆腐ラーメンの米龍にもいってきました。おばあちゃんが切り盛りしている小さなお店です。
 赤い看板がなかなか迫力ある店構え。迷路のような渋温泉の中で見ると「千と千尋」を思い出します。

 豆腐ラーメンは、見た目に反してとてもさっぱりした味でさらっと食べてしまえます。
Imgp2235

 「丸福」に続き、ここも餃子が実にうまい。写真からして旨そうでしょ?
 皮がもっちりしていて、鉄鍋に当たった面はパリッとしていてもう最高です。
 写真は2人前。
Imgp2233

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

篠峯 遊々

Imgp2190

Imgp2191

 精米70%で押さえた純米無濾過生原酒。凄いクセのあるお酒かと思いきや、濃醇ながらも締まった味であらゆる温度でいけます。かなり旨みたっぷりなので、こってりした食べ物と一緒か、酒だけで楽しむのが良いかと。

(い)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北海道旭川市「回転寿司トリトン」

Imgp2179

 ネットで人気のある、回転寿司トリトンに行ってきました。チェーン店は普段あまり載せないのですが、非常においしかったので書きます。
 個人的お勧めはイカ。非常に甘くておいしいです。廻っていない鮨屋でもこんなイカを出すところは少ないのではないかと思います。しかもイカだけに安い。
 シャリがおいしく、握りも丁寧なのも好感が持てます。

こう書いていくとなんかイカしか食べてないようですが、他のネタも旨かったです。サーモン、生毛ガニ、えんがわ、蟹の内子、茎ワサビ、ウニなどなど。。。。

(い)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

サッポロテイネスキー場

 まだまだ正月シリーズです。大雪が降ったので元日にテイネに行ってきました。今シーズンからオリンピアとハイランドをゴンドラで結び、一つのスキー場として売り出してます。山頂から最長のコースをたどると全長6kmだとか。。。
 市街地から、雪で視界が悪く地元の車のペースに今ひとつ着いていけないままオリンピア着。昼までごろごろしていたので、着いたのはもう2時でした。

寒さに震える(江)
Imgp2106

まずゴンドラに乗ってみます。結構がらがらで待たずに乗れました。8人乗りなので広々です。しかし、殆ど水平に伸びているこのゴンドラ、ちょっと嫌な予感が。。。
Imgp2108

そのまま北カベリフトで山頂へ。
Imgp2109

まだテレマーク初心者なので当然北カベコースなんぞには近寄りません。山頂から左側に伸びる林間コースは、最高のコンディション。コース脇にはちょこっとパウダーも残っていて、堪能してきました。
帰りは、迂回コース経由で男女大回転コースの中間部に出て、ちょっと荒れた斜面を降りてきました。

で、帰路のオリンピアへのコースですが、嫌な予感があたり、真っ平らです。ボードの人たちはかなり悲惨でした。。。この歩行ゾーン??を含んで6kmのロングコースと銘打つのはかなり強引な気がするのだけど。。。。

(い)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

大雪の北海道

 年始の札幌周辺はあっという間に10cm単位で積もってゆく大雪。

前が見えん。
P1010292

雪が止んだあとのトラック、後ろが巻き上げた雪やらなにやらでどろどろ。
IMGP2130

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カルルス温泉サンライバスキー場

 洞爺湖温泉から近場のということで、ちょっと訪問。ルスツも近かったんですが、あえてもの珍しい方優先ということで(笑)。ゲレンデはガラガラ。
 ところでこの施設、昔はたしかただの「カルルス温泉スキー場」と言う名前だったと思ったのだが、「サンライバ」がない方がかっこよいのでは??と思うのは私だけだろうか。。。ちなみに、ライバというのは山の名前来馬岳よりとったようです。
 ゲレンデボトムの方は比較的コンディションが良いものの、山頂付近は風が強く、コースはアイスバーン気味。なにより凄かったのは、コース外がかちかちのウィンドクラストになっている区間があったこと。丁度一番急なところで、ところどころ間違って入らないようロープで規制されてました。突っ込んでコケタラ下までとまらないかも。。。

この後に地獄が。。。。
IMGP2074

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道 カルルス温泉「鈴木旅館」

IMGP2077

 カルルス温泉サンライバスキー場で滑った帰りに寄ってみました。鈴木旅館で面白いのは、浴槽はタイル張りなのに床は木であること。後で聞いたところによると、かけ流しの湯が流れる床でトド寝しやすいようにあえて木の床にしているのだとか。。。温泉は癖のないマイルドなものですが、とにかく湯量が豊富でざあざあかけ流されているので気持ちが良いです。

IMGP2083

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田空港「エディアール」

 空港の飲食店は、値段ばかり立派であまり新鮮味のない物が多い。そんな中でも比較的お気に入りなのがココ。羽田空港の到着ロビーにあるHEDIARDのカフェで、お目当てはそば粉のクレープ。午前羽田発便を利用するときの朝ごはんスポットとして利用している。到着ロビーなので、朝方は空いているのもヨシ。成田にもこういう店があるとありがたいのだが、ないので普段はスタッフ食堂(中身はロイホ)を使っている。

この日は朝からシードルまで飲んでしまってほろ酔い気分。
IMGP2058

(い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長野県「湯の原温泉旅館」

 志賀高原に上がる手前、湯田中温泉と渋温泉の中間(ただし川の反対側)くらいにある、一軒宿の温泉です。木でできたクラシカルな湯船に、無色透明の源泉が盛大にかけ流されています。飲んで見たところ、甘みのあるお湯でした。湯船の中には茶色っぽい湯の花がちらちらと舞っています。

YUNOHARA2IMGP2055

 ここには、混浴の露天風呂もありますが、人が入っているのを殆ど見たことがありません。露天はかなりぬるめで、木の浴槽の内側には藻がうっすらとつき、滑りやすくなっています。どことなく半出来温泉の藻の多い露天に似ているような。。。。露天にざぶんと飛び込むと、大量の藻が舞い上がってなんとも不思議な状態に。
YUNOHARA1IMGP2054

 内湯はかなりお奨めです。露天は話のタネに入るという感じでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟県「雪だるま温泉」

YUKIDARUMA1_IMGP1994

 キューピッドバレイスキー場のベース部分にある日帰り入浴施設です。なかなかふざけた名前ですが、お湯はなかなかです。松之山にも近いせいか、油臭のただよう、塩辛いお湯。循環とのことですが、源泉が強力なのか、はたまた湯使いが良いのか浴感充分でとても気持ちが良いです。

YUKIDARUMA2_IMGP1995

(い)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

新潟県安塚町「キューピッドバレイスキー場」

 12月下旬に天然雪を求めて、ゲレンデトップで2m近い積雪となったキューピッドバレイに行ってきました。
このゲレンデの中腹にひっそりと、小さなランチコーナーがあります。
ここが手造り感あふれてて良いんです。私が行ったときは誰もいませんでした。勿体無い。。。

飲み物は衣装ケースに雪を入れて並べてます。
CUPID1_IMGP1984
天ぷら200円ナリは玉ねぎの入った豪快なかき揚。オーダーしてから揚げてもらいました。
CUPID2_IMGP1988
おにぎりは地元安塚産のコシヒカリ。これも頼んでから握っていました。
CUPID3_IMGP1989

いやー、癒されます。

(い)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

長野県渋温泉「丸福」

本サイトを訪れてくれて頂いている皆様、明けましておめでとうございます。

さて、元旦と言う事で「イッチョ新春特別記事でも!」と考えたのですが、あいにくネタがなく渋温泉シリーズの続きを。。。「丸福」は渋温泉の中華料理屋です。東京の荻窪にある有名なラーメン屋と同じ名前ですね。また、渋温泉と言えば豆腐ラーメンの「米龍」が有名ですが、この時は営業時間外でまだ訪れたことはありません。米龍クローズで半ば成り行きで入ったお店だったのですが、それが美味しかったんです。

私と(江)が頼んだのはタンメンとギョーザ。
タンメンは自家製麺の柔らかめのメンに見た目さらっとしたスープ。しかし、一口スープをすすってみると深いコクがあり香ばしい。良く見ると揚げニンニクの砕片が沢山浮いています。「うーん後を引く味」。
MARUHUKU2_IMGP2045

ギョーザも皮がもちっとしていて、これも後をひく味。ラー油も自家製でいい味出してます。
MARUHUKU1_IMGP2044

(い)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »