« 新潟県松之山町「森の学校 キョロロ」(建物とレストラン編) | Main | 鶴齢 槽搾り生原酒 純米大吟醸 »

新潟県松之山町「森の学校 キョロロ」(展示編)

 館内は、アートトリエンナーレの作品・松之山の生き物の展示・美術展示などいろいろ混ざっている。共通点は地元にゆかりのあるものということだろうか?。丁度、付近の森で採集されたキノコが多く展示されていた。

これは何でしょう?大きさはイチゴ大である。切り口は寒天状。
SUPPONIMGP1260.JPG

スッポンタケの幼菌である。

ななんと、これは食用らしい!主に食べるのは、成菌になってからの軸のようであるが、この幼菌も食えないことも無いらしい。事実(い)はネットでこの幼菌の試食記を発見しました。興味のある方は探してみて下さい。

こちらはオニフスベ。スポンジのようなキノコである。メロン大もある。これは幼菌のときに限って、食べられるとのこと。幼菌は水分を保持したマシュマロ状。成菌から崩壊に近づくにつれ、スポンジ>胞子でばふばふになっていくらしい。
ONIHUSUBEIMGP1258.JPG

最後にドクツルタケ。これは有名ですね。殺しの天使という異名の毒キノコです。指先大で死んじゃったりするそうです。くわばらくわばら。
DOKUTSURUIMGP1265.JPG
このキノコらしいものを、昨年(い)も那須で採ったことがあります。撮影後、踏みつぶしました。

ところで、キョロロの玄関ホールには、松之山の動植物や見所の分布をナビゲートする端末があるのですが、これのユーザインタフェースがかなりサイバー感満点。訪問の際は、ぜひ触ってみて下さい。
静止画より、動いているところをお見せしたかったのですが、うまくアップで撮れませんでした。

里山の情報を手中にし、ご満悦のうさ太氏。
USA1IMGP1267.JPG

動物の出現スポットが手に取るようにわかるぞー。
USA2IMGP1269.JPG

「秋はやっぱりキノコだのう。」
USA3IMGP1272.JPG

(い)

|

« 新潟県松之山町「森の学校 キョロロ」(建物とレストラン編) | Main | 鶴齢 槽搾り生原酒 純米大吟醸 »

Comments

What a data of un-ambiguity and preserveness of precious know-how on the topic of unexpected emotions.

Posted by: jasa foto wedding | January 24, 2015 at 12:39 AM

Tremendous things here. I am very satisfied to look your post. Thank you a lot and I am taking a look forward to touch you. Will you please drop me a mail?

Posted by: gallery crafting | September 03, 2015 at 06:42 PM

Thanks for sharing your thoughts. I really appreciate your efforts and I will be waiting for your further write ups thanks once again.

Posted by: the elder scrolls iv oblivion game of the Year edition deluxe download | September 12, 2015 at 04:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/1581443

Listed below are links to weblogs that reference 新潟県松之山町「森の学校 キョロロ」(展示編):

« 新潟県松之山町「森の学校 キョロロ」(建物とレストラン編) | Main | 鶴齢 槽搾り生原酒 純米大吟醸 »