« 群馬県「新鹿沢温泉 鹿澤館」 | Main | 仙台「一心」 »

長野県信濃町「LODGE BUDDY HOUSE」

 10年以上前に、黒姫山の麓にある御鹿池というところで、丸一週間キャンプをしていた。キャンプ場ではなかったのだが、清水が湧いており、池にはだれかがうち捨てたボートが在って結構楽しめた。
 妙高の温泉に入りに行く途中、杉の沢方面への道沿いでみつけたのがこの宿。ファンシーなペンションとは違う、重厚な、でもかなり変わったデザインの建物が沿道から見えるのが気になり、車を停めた。看板はあるが非常に地味で、宿の様でもあり、どこか企業の保養所の様でもあり、それとも金持ちの別荘??
 結局、「ここは宿ですか?」と聞いてみることになった。やさしげな顔をしたご主人が出てきて、「もちろん宿ですよ ^^)! 」「中を見ても良いでしょうか...?」「どうぞどうぞ」。
 それがきっかけとなり、今に至るまで毎年欠かさず訪れている。

buddy019.jpg

この宿の特徴は、建物の「つくり」にとても余裕があること。部屋の広さは標準的でも、廊下の幅や、建具のサイズななどの細かい部分にゆとりがあるため、非常にゆったり感じる。
そして、シンプルで温かみのあるインテリア(ダイニングにさりげなくYチェアがおかれていたり)。
また、食事がおいしい。西洋風のコース料理(前菜・スープ・魚・肉・デザート)なのですが、途中から白木のお櫃に入った「かな~り絶品の」ごはんが出てくるのだが、これが違和感がない。

フレンドリーなご夫婦が2人で営まれている宿だが、サービスは良い意味でホテルライクで安定感がある。
いつのまにかこの宿が我が家の宿えらびの基準点になってしまった。

これで宿に温泉があれば最高!なのだが、こればかりは立地上ないものねだりか。。。

buddy038.jpg

余談:
後に、この宿の建築はピトリ・ピコリの作品であることを教えていただいた。建物を大いに気に入っていた私たちはマンションリフォームの際、無謀にも用賀の事務所におしかけ、デザイン総括の下嶋恒雄さんにアドバイスを頂いたのだった(無料ではありませんよ)。そのときのスケッチはいまでも大事にとってある。

(い)


|

« 群馬県「新鹿沢温泉 鹿澤館」 | Main | 仙台「一心」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/1471913

Listed below are links to weblogs that reference 長野県信濃町「LODGE BUDDY HOUSE」:

« 群馬県「新鹿沢温泉 鹿澤館」 | Main | 仙台「一心」 »