« 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 | Main | マレーシアから その2 »

国分寺「はる」

 いわゆる近所の居酒屋であるが、久しぶりに寄ってみた。
 カウンターはかなり賑わっている。まずは葵天下の純米吟醸無濾過と、カツオの刺身、だだちゃ豆、それにポテトサラダと鯨の竜田揚を頼む。腹が減っていたのだ。
 前回訪れたときは一年以上前で、まだ、開店からそう経っていなかった。感じの良い店だったが、まだメニューは試行錯誤といった感じで、数も控えめだった。
 白板に本日のお品書きがあるが、今はうって変わって、何を食べようか悩むほどである。もちろん嬉しい悩みだ。
 ゴーヤと白海老のかき揚げ、カサゴの煮付、フカヒレ、鰻白焼と穴子白焼が両方ある。。。
 2杯目は写楽純米大吟醸。青竹のような香り。
 あのころから変わっていなければ、国分寺市役所近くのなべや清水酒店からの仕入れであろう。保存状態も申し分ない。カウンターの談笑を肴にもう一杯。愛知の「ろく」という山廃仕込みの酒と、秋刀魚の煮付け、飯をたのむ。
 秋刀魚は圧力鍋で煮てあり、骨まで柔らかだが、味付けはあくまで控えめで、何というか爽やかさが残っている。
 充分満足した。そろそろ帰ろう。

(い)

|

« 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 | Main | マレーシアから その2 »

Comments

Pretty! This has been a really wonderful article. Thanks for supplying this info.

Posted by: Crossy Road Hack | August 04, 2015 at 05:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/1287062

Listed below are links to weblogs that reference 国分寺「はる」:

« 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 | Main | マレーシアから その2 »