« 国分寺「SAPO」 | Main | 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 »

大田和彦著「居酒屋の流儀」

 この本を知ったのは、仙台の居酒屋「一心」のカウンターでだ。カウンターの隅に並べられた本の中から何気なく手に取ると、本の後ろのほうの一節には、そのときの自分の旅を見透かしたかのような事が記してあった。

 ◆曰、居酒屋探訪のために旅にでてみるといい。

 ◆曰、それなら、賄い付きの旅館より、ビジネスホテルのほうが気楽で良いではないか?大体旅館の酒にあまり碌なものはない。

 ◆曰、良い居酒屋は良い酒屋に訊いてみろ。等々。

 居酒屋(殆どそれだけが)目的で仙台のビジネスホテルに2泊3日しているのだ。
 本は、はるか以前に書かれ、太田氏の記事の載る事もある「dancyu」も読んでいるので、影響されたのはもちろんきっと私の方に違いない。いや間違いない。
 
(い)

|

« 国分寺「SAPO」 | Main | 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 »

Comments

Excellent way of telling, and fastidious paragraph to obtain data about my presentation focus, which i am going to present in school.

Posted by: raspberry ketones weight loss | August 05, 2014 at 03:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/1270486

Listed below are links to weblogs that reference 大田和彦著「居酒屋の流儀」:

« 国分寺「SAPO」 | Main | 京ぽんAH-K3001V充電にUSBライトの電池ボックスを流用してみた。 »