« オガライト | Main | 料理ともいえない料理のレシピ:セロリの冷製スープ »

北海道土産その2 わかさいも

北海道で初めて知った地元の銘菓は、「わかさいも」でした。

洞爺湖名物で、小学校の修学旅行の子供たちのお土産の定番なんだそうです。「そういえば昔、(い)もお土産に買ってきてくれたねぇ」とおばあさんは懐かしそう。

地元有名度の高さは、食べるとうなずけます。

大福豆の餡でできた、小さな小さな焼き芋。
香ばしそうな焼き色のついた皮もついている。
そして、食べると、なにやらサツマイモの筋!・・・なんと昆布です。
遊び心たっぷりで、芸が細かくて、美味しい、北海道がギューっと詰まってます。

よくみると、確かにアチコチで、
ファンシーなお菓子達の横に、ちゃんと陣取っているんだ。

(江)

|

« オガライト | Main | 料理ともいえない料理のレシピ:セロリの冷製スープ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46940/1232215

Listed below are links to weblogs that reference 北海道土産その2 わかさいも:

» やっぱり「わかさいも」だねっ☆ [どうせ誰も見てませんからっ☆★]
これだけは譲れないってお菓子ありますよね〜。わたしなら伊香保のまんじゅう、千秋庵のノースマン、萩の月などきりがないのですが、子供の頃から食べているお菓子、なんとなぜか近所のスーパーで「北海道フェア」というコーナーが出来ていて、「ガラナ」や「サッポロクラシ... [Read More]

Tracked on July 09, 2005 at 12:06 AM

« オガライト | Main | 料理ともいえない料理のレシピ:セロリの冷製スープ »